Trip by myself

ツアーを使わず、すべて自分でアレンジ!普通のサラリーマンが行った、"格安な長期間旅行"(主にアジア圏)で見た景色や、旅行ノウハウを紹介!

プーケットのカタノイビーチ、シュノーケルポイントも紹介!

f:id:tripmyself:20171126023443j:plain

カタノイビーチとは? 

プーケットの南西の海岸にカタビーチがあります。カタビーチは、カタヤイビーチと、カタノイビーチの2つのビーチのことをいいます。

カタヤイビーチは、カタエリアの繁華街に近い場所にありますが、カタノイビーチの方は、少し南側の繁華街と離れた場所にあります。

カタビーチ近くの繁華街は以下の写真のような雰囲気です。

f:id:tripmyself:20171126021847j:plain

f:id:tripmyself:20171126021639j:plain

我々は、できるだけ静かにビーチを楽しみたいと考え、カタノイビーチの方へ行きました。途中カタヤイビーチも経由するので、写真に収めました。

カタヤイビーチは、以下の写真のように大勢の客でごった返していました。

f:id:tripmyself:20171126023457j:plain

カタノイビーチの方は、カタヤイビーチほど人が多くいませんでした(それでも結構いましたが・・)。

f:id:tripmyself:20171126023454j:plain

カタエリア中心部からカタノイビーチまで歩いて行った

我々はカタエリア中心部のホテルに泊まったため、カタノイビーチまで結構距離がありましたが、歩いて行きました。タクシーやトゥクトゥクを使えばいいのですが、法外な値段取られるの嫌でした。

しかし、グーグルマップで確認すると2.9kmあるので、やはり結構遠かったです・・。とはいえ、途中色んな景色が見れるので、道中は飽きませんでした。

f:id:tripmyself:20171126021644j:plain

カタノイビーチ付近にもホテルはありましたが、値段が高そうだったので、我々は避けました。もしカタノイビーチ目当てなら、やはり近くのホテルに泊まった方が便利でしょう。

思ったより人多いが、落ち着いて楽しめるカタノイビーチ

カタノイビーチは、カタヤイビーチよりもかなり人が少ないことを期待していましたが、思ったより多かったです。ただそれでも、客はのんびりくつろいでいる雰囲気があり、落ち着いてビーチを楽しむことができました。

f:id:tripmyself:20171126021654j:plain

f:id:tripmyself:20171126023439j:plain

この日は天気が良く、かなり暑かったです。白い砂浜にエメラルドグリーン色の海がとても綺麗でした!

シュノーケルも楽しめる!

カタノイビーチでは、事前にインターネット調べたところ、南の端の方でシュノーケルも楽しめるという情報もキャッチしていました。そこで我々は、南の端に陣取って、シュノーケルポイントを探しました。

南の端はこんな感じの岩場になっており、いかにも魚がいそうです。

f:id:tripmyself:20171126021649j:plain

しかし、この近辺で魚を探してみましたが、なかなかいません。私は泳ぎが下手なのですが、途中であきらめましたが、魚好きの妻はさらに範囲を広げてシュノーケルポイントを探索しました。

するとしばらくして、竜宮城をみつけたようです!この岩場から離れて沖の方へ行くと、シュノーケルポイントがあるようです。

私も行ってみました。います、たくさんいます!青や黄色の綺麗な色の魚をたくさん見ることができ、シュノーケルを大いに楽しむことができました。

最初はみつからず大変でしたが、事前にシュノーケルポイントがあるというインターネットの情報は間違っていなかったようです。

シュノーケルを楽しみたい方は、カタノイビーチの南の端の岩場から少し沖に出たあたりを探索するとよいでしょう。

f:id:tripmyself:20171126021659j:plain

まとめ

シュノーケルも楽しめる、プーケットの落ち着いたビーチのカタノイビーチの魅力を紹介しました。

静かなビーチで、シュノーケルも楽しみたいという方は、是非カタノイビーチへ行ってみてください!

 

以下に、私が行ったプーケット旅行についてまとめた記事をリンクします。

www.tripbymyself.com