Trip by myself

ツアーを使わず、すべて自分でアレンジ!普通のサラリーマンが行った、"格安な長期間旅行"(主にアジア圏)で見た景色や、旅行ノウハウを紹介!

【東チベット観光】夏河・郎木寺の旅行(夏/9泊10日)のまとめ

f:id:tripmyself:20171126020355j:plain

私が行った中国東チベット(夏河・郎木寺)の旅行について、詳細をまとめておきます。

同行者

夏河と郎木寺は標高が3,000mくらいあって、妻は高山病に悩まされていました。体調不良のため、ホテルでかなり寝込んでいましたが、楽しむときは思いっきり楽しんだようで、満足してくれていたようです。

旅行期間

2012年7月28日~2012年8月6日(9泊10日) 

会社の夏休みに有休をつけて、10日分旅行することができました。ただ、バス移動が多かったので、10日分のうち、かなりの時間移動に費やしていると思います。

まわったところ

成田国際空港西安(→バス7時間)→蘭州(→バス4時間)→夏河(→バス5時間)→郎木寺(→バス5時間)→夏河(→バス5時間)→蘭州(→飛行機)→西安成田国際空港

 

日本から西安まで飛行機で行き、西安から郎木寺までの往復をほとんどバスで移動しました。帰りの蘭州から西安までの区間だけ、少し楽をして飛行機を使っています。

長時間のバス移動が何度もあったので、結構しんどかったです。しかも上記の時間は、時刻表の情報のもので、実際は途中渋滞に巻き込まれ、1~2時間とかずれる場合もありました。

蘭州のバス乗り場の写真です。

f:id:tripmyself:20171126022304j:plain

蘭州と夏河・郎木寺は以下のような位置関係です。西安は蘭州からずっと西へ行ったところにあります。

f:id:tripmyself:20171126022107p:plain

かかった費用

かかった費用は覚えていないのですが、ホテルは1泊1部屋1,000円~2,000円程度のところに泊まっており、食事も1食100円~300円程度のものばかりだったので、飛行機代や移動費含めても、2人で、17~18万円程度に抑えられていると思います。

旅行全体のまとめ

私はチベットの綺麗な景色が好きで、許可の不要なチベット族自治州で、なんとか行けそうな場所から、夏河と郎木寺をみつけ、行ってみました。

とはいっても、それでも交通アクセスは悪く、飛行機とバスの乗り継ぎがとても多くて疲れます。しかも、標高が高い場所を旅行するので、夏なのに寒く、高山病にも悩まされ、体調良くない中、旅行しました。

しかし、夏河と郎木寺で見られる、自然景観と美しいチベット寺院の景色には何度も感動させられ、大満足の旅となりました!

f:id:tripmyself:20171126022256j:plain