Trip by myself

ツアーを使わず、すべて自分でアレンジ!普通のサラリーマンが行った、"格安な長期間旅行"(主にアジア圏)で見た景色や、旅行ノウハウを紹介!

【ルアンパバーン】泊まって良かったおすすめ格安ホテル3選を紹介!

f:id:tripmyself:20180506221354j:plain

ラオスの古都ルアンパバーンは数日滞在がおすすめ

東南アジアのラオスにあるルアンパバーンは、古都として世界遺産に登録されており、のんびり滞在するのがおすすめな町です。

日本の京都のように、いくつも美しい寺があり、おしゃれなカフェや雑貨屋、露店が並ぶマーケットなど、のんびり滞在したくなるような要素がたくさんあります。

そのためルアンパバーンでは、泊まりたくなる、おしゃれな作りをしたホテルがたくさんあります。

ルアンパバーンに7泊してのんびり観光した

私は、少し前ですが2013年の年末から、妻と、ルアンパバーンに計7泊しました(旅行全体は12泊13日ですが、他に、ルアンパバーンから足を延ばしてムアンゴイや、乗継のためにベトナム・ハノイなどに宿泊しています)。

7泊も滞在して何をしていたかというと、ひたすら毎日散策していました。歩いて寺を巡り、マーケットで土産物を物色したり、織物を見たり、疲れたらカフェに入ったりしました。

計7泊の中で、私は3つのホテルを利用しましたが、どれも料金が格安なうえ、おしゃれで個性的なホテルで、満足度が高かったので、それらをこの記事にまとめておこうと思います。

ホテルは事前に日本で予約

ルアンパバーンのホテルは、日本を出発前にネットで予約しました。使ったサイトは、アジア圏のホテルを多数取り扱っている、agodaです。

予約してクレジットカードによる支払いを行い、旅行時に予約確認書をプリントアウトし、ホテルのフロントで見せれば泊まることができました。

ホテルを選んだ基準

私がホテルを選んだ基準は、安くてレビューが良いことです。値段的には1泊3,000円以下を目安としています。

また、場所にもこだわっており、3つのうち2つのホテル(Muonglao GuesthouseとBellevue Bungalow)はルアンパバーン空港から近い場所にしました。今回の旅行は、ルアンパバーン空港から市内まで、行き帰りとも歩いてアクセスしたので、できるだけ空港から近い場所にホテルをとりたかったのです。

ホテルのロケーション

各ホテルの場所を以下の地図に示します。

上の地図で、一番左の青印がラオルーロッジ、真ん中がムオンガロゲストハウス、右がベルブーバンガローです。

ラオルーロッジは、ルアンパバーン中心部に位置し、好立地なロケーションです。

ムオンガロゲストハウスは、ルアンパバーン空港から市内へ行くときに宿泊し、ベルブーバンガローは、市内から空港へ向かうときに宿泊しました。これらのホテルは、市内のメインロードから1~1.5kmくらい離れているので、観光には少し不便かもしれません。とはいえ、静かに過ごせるし、歩けない距離ではないでしょう。

ルアンパバーンのおすすめホテル3選紹介

私がルアンパバーンで宿泊し、泊まって良かったと感じたホテルを3つ紹介します。

1.Muonglao Guesthouse(ムオンガロゲストハウス)

料金:1泊1,571円(2013年当時) x3泊

ムオンガロゲストハウスは、空港から向かった場合、ナムカーン川の橋を渡って少し行ったところにあります。

下の写真のような外観で建物は少し古いです。

f:id:tripmyself:20180506222831j:plain

以下の写真のように、ダブルベッドのシンプルな部屋でした。

f:id:tripmyself:20180506220537j:plain

トイレ、シャワーは、建物が古いだけあって、少ししょぼい感じがします。ただ、お湯は普通に出たと思います。

f:id:tripmyself:20180506222300j:plain

宿の前は、ガイドブックにも掲載されている、ワット・ビスンナラートというお寺があり、綺麗な仏像を見ることができます。

f:id:tripmyself:20180506224732j:plain

また、プーシーの頂上も見えます。

f:id:tripmyself:20180506224539j:plain

少し建物は古いですが、泊まるには問題なく、中心部と空港から程よく近く、値段も格安なので、ルアンパバーンの1泊目にはおすすめだと思います。

www.agoda.com

2.Lao Lu Lodge(ラオルーロッジ)

料金:1泊2,931円(2013年当時)

ラオルーロッジは、ルアンパバーンのメインロードからメコン川方面へ少し路地を入ったところにある、おしゃれなホテルです。

メコン川と、ナイトマーケットが開かれるメインロードにも近いので、ロケーションは良いです。また、おしゃれで、値段も安く、素晴らしいホテルです。さらに、朝食付きです。

確かに口コミを見ても、日本人にも人気のようです。私もこのホテルでは、本当気持ちよく宿泊することができました。

下の写真のように、古都らしい調度品を使った内装で、おしゃれでした。

f:id:tripmyself:20180506221319j:plain

枕の上に乗っかっている座布団みたいなのが、渋いデザインです。

f:id:tripmyself:20180506221534j:plain

f:id:tripmyself:20180506221510p:plain

f:id:tripmyself:20180506221329j:plain

下の写真は部屋を出たところの廊下です。各部屋ごとに、小さいテーブルが置いてあり、涼めるようになっていました。

f:id:tripmyself:20180506221600j:plain

こちらが朝食です。パンと目玉焼きの洋風な朝食でした。あと確かデザートのフルーツもあったと思います。

f:id:tripmyself:20180506222005j:plain

f:id:tripmyself:20180506222013j:plain

大満足のホテルだったので、是非おすすめです!

www.agoda.com

3.Bellevue Bungalow(ベルブーバンガロウ) ※2018年5月現在予約不可の状況

料金:1泊2,336円(2013年当時)

ベルブーバンガロウは空港に近いナムカーン川近くにある、野趣あふれるコテージタイプの部屋に泊まれるホテルです。

と、紹介しようと思ったのですが、私が泊まったのは2013年の年末で、再度予約可能か調べたところ、どこの予約サイトも不可なようです・・。とても良いホテルで、是非紹介したかったのですが、残念。

とりあえず、泊まった時の様子を記しておきます。

このホテルは、下の写真のように、1棟のコテージを2部屋に分けた構造になっています。部屋の前に椅子がおいてあり、ここでくつろぐと本当気持ちよかったです。

f:id:tripmyself:20180506220646j:plain

f:id:tripmyself:20180506220658j:plain

部屋の中の様子です。建物は少し古い感じですが、泊まるには問題ありません。

f:id:tripmyself:20180506220515j:plain

このホテルの良いところは、下の写真のように、緑豊かなところです。南国の植物がたくさん植えられて、気分を盛り立てられました。

f:id:tripmyself:20180506220627j:plain

f:id:tripmyself:20180506220708j:plain

犬もいました。

f:id:tripmyself:20180506220728j:plain

シンプルですが、朝食付だったのでありがたかったです。 

f:id:tripmyself:20180506220615j:plain

チェックアウトして、ここから空港まで歩いたのですが、約2kmまっすぐ歩けばいいだけだったので、ロケーション的に良かったです。

ロケーションよく、自然豊かで値段も安い、良いホテルでした。予約再開すればいいんですが。。

まとめ

ルアンパバーンの泊まって良かったホテルを3つ紹介しました。

当然紹介した以外にも、ルアンパバーンはたくさんのホテルがあるので、いろいろ探してみると良いでしょう。私も町を歩く中で、外観だけ見て、うらやましくなるようなホテル(アマンタカという高級ホテルなど)をいくつも見ました。さすが古都といわれるだけあって、それに合わせてホテルもおしゃれにしています。

ルアンパバーンでは、のんびり滞在するところなので、おしゃれで快適なホテルに泊まることをおすすめします。

 

以下に、私が行った、12泊13日のルアンパバーン旅行についてまとめた記事のリンクを貼っておきますのでご参照ください。

www.tripbymyself.com