Trip by myself

ツアーを使わず、すべて自分でアレンジ!普通のサラリーマンが行った、"格安な長期間旅行"(主にアジア圏)で見た景色や、旅行ノウハウを紹介!

【中国・貴州省】安順の町並み、龍宮風景区の行き方やカラフルな鍾乳洞!

f:id:tripmyself:20171129170848j:plain

自然風景を楽しめる2大観光地がある安順

安順は、貴州省の省都である貴陽市から100kmと比較的近いところにある町です。

安順の郊外には、黄果樹風景区と龍宮風景区という、いずれも自然風景が楽しめる、2大観光地があります。黄果樹風景区の方は、高さ74mの大きな滝が楽しめ、龍宮風景区の方は、鍾乳洞が楽しめます。

龍宮風景区のために安順へ

2つの観光地を持つ安順ですが、私は新婚旅行で2011年の年末に貴州省へ行ったとき、龍宮風景区の方へ行きました。

黄果樹風景区の方の大きな滝も見たかったのですが、安順から少し遠い(45km)のと、入場料が高い(当時160元)ため、私が渋り、龍宮風景区の方へ行くことにしました。

龍宮風景区の方は、安順市から27kmのところにあり、入場料は当時120元でした。

貴陽から安順の行き方

貴陽から安順へ行くには、鉄道またはバスを使います。黄果樹風景区や龍宮風景区へ行く場合はバスを使うので、貴陽から安順へ行くときも、バスを使った方がいいと思います。

バスは、貴陽の金陽客車站というバスターミナルから、約1時間半で行くことができます。安順のバスターミナルは、安順の鉄道駅からかなり離れたところの、安順客運東站です(私が2011年に行ったときは、貴陽鉄道駅と安順鉄道駅の近くにそれぞれバスターミナルがあって、便利だったのですが、調べたところ、いずれも郊外に移転したようです・・)。

ちなみに、貴陽の金陽客車站からは、黄果樹風景区にも行けるそうです。

龍宮風景区の行き方

 安順から龍宮風景区へ行くには、安順客運東站で発着しているバスに乗ります。安順客運東站以下の場所にあります。本数は、25分に1本ずつと、頻繁にあるようです。

カラフルな鍾乳洞、龍宮風景区

龍宮風景区は、ボートが鍾乳洞のなかをゆっくり走り、カラフルにライトアップされた鍾乳洞の岩を楽しむことができます。

下の写真に見える崖の上に伸びている建物は、エレベータです。あれに乗って上がったところに鍾乳洞があります。

f:id:tripmyself:20171129170754j:plain

エレベータの入り口あたりです。下の写真のように、崖の上から勢いよく流れ落ちる滝が見えます。

f:id:tripmyself:20171129172353j:plain

エレベーターに乗りたいところですが、当然お金がかかります。私はけちって、このような階段を上っていきました。

f:id:tripmyself:20171129170806j:plain

階段を上ったら、ボート乗り場があり、いよいよ鍾乳洞に入ります。

鍾乳洞はとにかくカラフルです!カラフルすぎるところは、さすが中国だと思いました。日本だとこんなライトップの仕方はしないでしょう。。

f:id:tripmyself:20171129170821j:plain

f:id:tripmyself:20171129170837j:plain

鍾乳洞から出たところです。

f:id:tripmyself:20171129170900j:plain

鍾乳洞のライトアップの仕方が派手すぎて、人工的な感じがして、私にとっては微妙な観光地でした。あと天気もどんより曇っていたのも良くなかったかな。。

龍宮風景区入口ではおでんが食べれた

龍宮風景区入口のところに、おばちゃんが店を出しており、バスの待ち時間におでんを食べました。

f:id:tripmyself:20171129172857j:plain

f:id:tripmyself:20171129173014j:plain

 

安順は街歩きも楽しめる

龍宮風景区から戻ったら、安順の街歩きを楽しみました。

安順は、文廟という孔子廟があり、そのあたりは石畳と古い町並みが残っています。

f:id:tripmyself:20171129170920j:plain

下の写真で右側の建物は崩壊寸前ですが、1階では店を開いています。台風とかきたら一気に崩れそう・・

f:id:tripmyself:20171129170936j:plain

こんな感じの古い町並みをのんびり楽しめます。

f:id:tripmyself:20171129170947j:plain

まとめ

安順の観光地である龍宮風景区の行き方や様子を紹介しました。また、安順の古い町並みも紹介しました。

安順は、貴州省の省都である貴陽から近くてアクセスがいいので、立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

 

この記事で書いた、貴州省への旅行について、行った時期やかかった費用など、詳細をまとめた記事を以下にリンクしておきます。ご参照ください。