Trip by myself

ツアーを使わず、すべて自分でアレンジ!普通のサラリーマンが行った、"格安な長期間旅行"(主にアジア圏)で見た景色や、旅行ノウハウを紹介!

【西表島の秘境?】ふなうき荘に1泊して船浮を観光した様子と感想を紹介

f:id:tripmyself:20180915225602j:plain

西表島の船浮へ

西表島の西側に、船でしか行けない、船浮という集落があります。陸ではつながっていますが、西表島のジャングルに阻まれて、道が通っていないのです。

船でしか行けないとなると、秘境的なイメージを持ちますが、船浮は人口約50人ながら人々が生活しており、小学校もあるし、宿や食事処もあって観光客も行けるようになっています。

私は2015年4月30日~5月1日の1泊2日で、妻との西表島旅行(5泊6日)のなかで船浮を訪れました。秘境的なイメージで期待大で訪れたのですが、期待したほどではなかったです。ただ、普通に楽しむことはできました。綺麗なイダの浜ビーチがあり、あとは普通の南国風景でした。

f:id:tripmyself:20180915225649j:plain

この記事では、船でしか行けない船浮にある、民宿ふなうき荘に泊まって、観光したりビーチへ行ったりした様子と、感想をまとめたいと思います。

船浮のアクセス方法

船浮は、西表島の外周を走る道路の端にある白浜港から船に乗って行きます。白浜港から船浮へ向かう船は一日5便あります。2018年現在、8:15(12/1~2/28は7:50発)、10:35、12:50、15:30、17:10発です。白浜から船浮の便も5便あります。

私が2015年5月に行ったときは、以下のような時刻表でした。

f:id:tripmyself:20180915220229j:plain

白浜港に行くには、車で行くか、バスを利用します。車で行く場合は、白浜港に無料の駐車場があるのでそれを利用すればよいでしょう。バスで行く場合、白浜港行きの路線バスが1日4便だけですが運行しているので、それを利用します。

白浜港から船浮港までの所要時間は、わずか約10分です。その間、西表島の海の景色を楽しめます。

f:id:tripmyself:20180915220902j:plain

船浮での観光・楽しんだこと

船浮での1泊2日の滞在で観光したところ、楽しんだことを紹介したいと思います。

美しいイダの浜ビーチ

船浮の見どころは、なんといってもイダの浜というビーチです。船浮港から集落を抜けてしばらく歩いたところにあります。

ここは西表島の一番端のビーチだけあって、静かで本当に綺麗なビーチでした。

f:id:tripmyself:20180915222530j:plain

f:id:tripmyself:20180915222759j:plain

f:id:tripmyself:20180915222813j:plain

下の写真のように、イダの浜はシュノーケルも楽しめました。端の方が綺麗かと思って探したのですが、実際は真ん中方で綺麗なサンゴ礁を見ることができました。

f:id:tripmyself:20180915222548j:plain

下の写真のように、綺麗な夕焼けを楽しむこともできました。

f:id:tripmyself:20180915222831j:plain

f:id:tripmyself:20180915222858j:plain

一応他に観光客はいました(完全なプライベートビーチとなるのを期待したが観光客はいます・・)が、アクセスが悪いため、他のビーチよりかは人が少なく、静かに楽しむことができたのが良かったです。

船浮を散策してみた

船浮は人口約50人くらいの小さな集落で、のどかなところです。散策してみたのですが、家がまばらにあって、住人の姿がたまにちらほら見えるだけでした。観光客は結構見かけますが、そこまで多いというほどではありませんでした。

f:id:tripmyself:20180915223227j:plain

下の写真のように、なんとも離島らしいのんびりした風景を見ることができます。

f:id:tripmyself:20180915223242j:plain

下の写真は港の風景です。

f:id:tripmyself:20180915223259j:plain

いのししカレーを食べてみた

船浮には一応食堂が何軒かあり、私は"ぶーの家"という店で名物らしい、いのししカレーを食べました。どこらへんがいのししかよく分からなかったですが、普通にうまかったです。

f:id:tripmyself:20180915223329j:plain

ふなうき荘に宿泊

船浮で宿泊した宿は、ふなうき荘という民宿です。この民宿オーナーの息子さんは、池田卓という、沖縄では有名なシンガーソングライターらしく、私が宿泊した日もいたような気がします。。(あとでネットで顔を確認したら似た人が食堂にいました)

沖縄の民宿には何度も宿泊していますが、ふなうき荘は他の民宿と同様な普通の民宿でした。部屋は下の写真のように和室で、1泊2食付きで一人6,000円、エアコンもついていました。

f:id:tripmyself:20180915223915j:plain

夕食は、以下の写真のように海の幸を使った家庭的な料理でした。ちょっと量が少なかった気がします。。

f:id:tripmyself:20180915223448j:plain

下の写真は朝ごはんです。かなりシンプルで、物足りない気がしました。 

f:id:tripmyself:20180915223508j:plain

この宿では、オーナーに案内されて、サガリバナを見ることができました。サガリバナは、沖縄地方だけに自生する花で、夜だけしか咲かないのです。見た目も特徴的で、とても綺麗でした。

f:id:tripmyself:20180915223938j:plain

まとめ

西表島の端っこにある、船でしか行けない船浮集落に1泊し、観光した様子を紹介しました。

もう少し秘境的な雰囲気を期待したのですが、のどかな何もない島で、私には少し刺激が足りなかった気がします。のんびりするだけならいいかもしれませんが、それだったら、西表島の他の場所でものんびりできるでしょう・・。

ただ、イダの浜はシュノーケルも楽しめる綺麗で静かなビーチなので、よりプライベート感のあるビーチを楽しみたいなら、船浮でのんびり過ごすと良いでしょう。

 

私が行った、西表島旅行について、以下の記事にまとめています。ご参照ください。

www.tripbymyself.com