Trip by myself

ツアーを使わず、すべて自分でアレンジ!普通のサラリーマンが行った、"格安な長期間旅行"(主にアジア圏)で見た景色や、旅行ノウハウを紹介!

【中国・広州観光】大繁華街の北京路散策と光孝寺、大榕寺の拝観

f:id:tripmyself:20171129193724j:plain

大都市広州を観光・散策

11泊12日の桂林・陽朔・貴州省旅行(2011年の年末)で、貴陽から飛行機で広州に着き、日本へ帰る前に広州市街地の観光・散策をしました。

広州は、中国で3番目の大都市だけあって、人が多くてごみごみしていました。特に、広州の鉄道駅あたりは、出稼ぎ労働者っぽい人がいて、いつスリにあうかと不安を感じさせられました。

私は広州に何度か来た事ありましたが、これまでは駅周辺に宿泊していました。今回は、ごみごみした駅周辺を避けて、中心街の北京路あたりに宿泊して、日本に帰る飛行機の時間まで、観光・散策を楽しみました。

下の写真のように、バイクタクシーにバッグを積んでホテルまで連れて行ってもらいました。このバイクは3輪になっており荷台が広いため、2人乗りでき、我々夫婦にぴったりのバイタクでした!

f:id:tripmyself:20171129221301j:plain

色とりどりのネオンが派手な、夜の北京路を歩いてみた

広州駅から北京路へのアクセス方法

北京路は、広州一の繁華街です。歩行者天国となっており、デパート、レストラン、いろんなショップがずらりと並んでいます。

北京路は、以下の地図で示す場所にあります。広州の鉄道駅あたりからは、"広州火車站"という駅で地下鉄2号線に乗り、"公園前"という駅でおりれば、北京路にアクセスできます。

地下鉄はこんな感じです。

f:id:tripmyself:20171129224708j:plain

北京路は派手なネオン街

北京路は夜行ったのですが、本当いろとりどりのネオンがきらめいており、派手な通りでした。

f:id:tripmyself:20171129221509j:plain

この色使いはさすが中国です!

f:id:tripmyself:20171129221520j:plain

マネキンの表情が渋いです。。ずらっとマネキンを並べるあたり、中国人らしさを感じます。

f:id:tripmyself:20171129221554j:plain

いろんなファーストフード店があり、食べ歩きができるようになっていました。ここで肉を買って食べ、おなかいっぱいになってしまいました。

f:id:tripmyself:20171129221703j:plain

f:id:tripmyself:20171129221736j:plain

派手なネオン街の夜の北京路は、見て歩くだけでも楽しめました!

北京路近くの、光孝寺と六榕寺を拝観

光孝寺と六榕寺の場所

次の日は、光孝寺と六榕寺という仏教寺を拝観しに行きました。以下の地図に場所を示します。いずれも、地下鉄の"公園前"駅より歩いて行ける場所にあります。

この地図をスクロールして右下の方へ行くと、"公園前"駅があります。

光孝寺

光孝寺は、広州で最も規模が大きな仏教寺院とのことです。

光孝寺に向かう途中には、以下の写真のような仏具店がたくさん並んでいます。

f:id:tripmyself:20171129224439j:plain

これが光孝寺です。たくさんの人訪れており、熱心に拝んでいました。

f:id:tripmyself:20171129224509j:plain

建物の中には立派な仏像が3体並んでいました。金色に光る立派な仏像です。ただ、日本の寺で仏像の方が緻密に作られているように感じました。

f:id:tripmyself:20171129224521j:plain

六榕寺

六榕寺は、高さ57mの高い仏塔があることで有名です。

f:id:tripmyself:20171129224331j:plain

立派な仏塔で、思わず見上げてしまう高さです!

f:id:tripmyself:20171129224359j:plain

まとめ

広州の中心街の北京路と、そこから歩いて行ける光孝寺と六榕寺へ行ったので、その時の様子を紹介しました。

ネオンが派手な繁華街と、厳かな寺が互いに近くにある、この中国の感じが私は好きです。

広州に行った際は、このエリアに少し立ち寄ってみることをおすすめします。

 

この記事で書いた、広州への旅行について、行った時期やかかった費用など、詳細をまとめた記事を以下にリンクしておきます。ご参照ください。