Trip by myself

ツアーを使わず、すべて自分でアレンジ!普通のサラリーマンが行った、"格安な長期間旅行"(主にアジア圏)で見た景色や、旅行ノウハウを紹介!

【ホーチミン観光】ベンタイン市場、ブイビエン通り、ドンコイ通りを紹介!

f:id:tripmyself:20171225212317j:plain

ベトナムの大都市ホーチミンでまわったところ

ホーチミンは、ベトナムの中でも最も大きな都市で、たくさんの地元民と観光客でかなりにぎわっています。様々な店や雑貨屋が並んだ通り、博物館や寺など見どころがたくさんあり、散策しがいがあります。

ホーチミンの市街地はかなり広いので、私がホーチミンへ行ったときは、面白そうなスポットに絞って散策しました。

私が歩いたのは、主に、ベンタイン市場ブイビエン通りドンコイ通りです。これらはいずれも、空港からバスで到着するベンタインバスターミナルから歩いて行ける範囲にあるため、手軽に散策することができました。

宿泊先は、安宿が多い、ブイビエン通りにしました。

空港からバスで市街地へ行く場合、ベンタイン市場は外せない

ホーチミンのタンソンニャット空港から市街地へ路線バスで行く場合、旅行者はベンタインバスターミナルで降りることになります。

ベンタインバスターミナルの目の前にあるのが、ベンタイン市場で、旅行者はまずはその市場を目指すと思います。

ベンタイン市場は、食料、衣料、雑貨など何でも揃うホーチミンの市場です。

私はベトナム旅行中、空港と市街地を何度か行き来したので、ベンタインバスターミナルを頻繁に利用しました。そのたびにベンタイン市場を経由し、なんかいいものないかなー、と物色していました。 

下の写真はベンタイン市場の様子です。

f:id:tripmyself:20171225185931j:plain

f:id:tripmyself:20171225185901j:plain

ベンタイン市場で食べ歩き

ベンタイン市場では、いろんな食べ物を食べ歩きできます。とはいっても日本では見かけないものばかりなので、おいしいかどうかは食べてみないと分かりません。

私は、安全そうな、春巻きらしきものを食べました。タレはどうやって作られているのかよく分からなかったですが、とりあえずうまかったです! 

f:id:tripmyself:20171225185842j:plain

ベンタイン市場で値切って格安のTシャツをゲット

あとベンタイン市場では、Tシャツを買いました。

ベンタイン市場は、多くの観光客が訪れます。そのため、値段はかなりふっかけてくるし、値切ってもなかなか下げません。

そこを私は、しつこく値切り交渉しました。欲しいTシャツがあったのですが、ベトナムの物価にしては高いと思い、"高すぎる!"、"糸がほつれている"などなんくせをつけ、言い値の半分くらい(250円)までに下げることに成功しました!

以下の写真が買ったTシャツです。同じデザインで首回りを頑丈に補強したタイプと、価格を抑えて少し首回りの生地が薄いタイプがありました。私は丈夫な方を買ったのですが、250円で長持ちしており、大満足でした!

f:id:tripmyself:20171225185821j:plain

ベンタイン市場あたりはバイク多すぎ!

ベトナムはとにかくバイクが多いです。特にベンタイン市場付近はホーチミンの中心部なので交通量が非常に多いです。

見てください、下の写真!

f:id:tripmyself:20171225185807j:plain

道一杯にびっしりバイクが埋まっています。なんかバイクレースのスタート地点のようですな。

バイクは音もうるさく、空気も悪かったです・・。運転している人もマスクしています。

バックパッカーが多いブイビエン通り

あとホーチミンで歩いたところは、ブイビエン通りです。ここはバックパッカーが多いとされている通りで、安宿が多いのです。

いかにもアジアらしい雰囲気の通りです。タイのバンコクにあるカオサン通りもバックパッカーが多いことで有名ですが、それよりかは落ち着いた通りだと思います。

f:id:tripmyself:20171225193803j:plain

地元民も結構いましたが、やはり欧米人をたくさん見かけました。

f:id:tripmyself:20171225193817j:plain

ブイビエン通りの安宿に宿泊

私と妻もここの通りにある、Saigon Zoom Hotelという安宿に泊まりました。安宿といっても、一泊2,100円だったので、格安というほどでもありませんが・・。とはいえ、しっかりした設備で、場所的にも繁華街に近いので気軽に街へ繰り出すことができ、泊まって良かったです。

ちょっと散らかっていますが、部屋の写真です。

f:id:tripmyself:20171225200328j:plain

ドンコイ通り

ブイビエン通りのアジアらしい雰囲気の通りに対して、ドンコイ通りは、かなり都会的な雰囲気を持っています。

たくさんのビルが立ち並び、おしゃれなカフェやレストラン、高級ショップ(ルイビトンなど)がずらっと並んでいます。

私もドンコイ通りを歩いて、都会的な雰囲気を楽しみました。ただ歩くだけで特に何も買いませんでしたが。

f:id:tripmyself:20171225193829j:plain

f:id:tripmyself:20171225193945j:plain

f:id:tripmyself:20171225202022j:plain

歩き疲れておしゃれなカフェに入り、ベトナムコーヒーを飲みました。物価が日本より安いので、おしゃれカフェを日本の半額くらいで楽しむことができました。

ベトナムコーヒーは少しクセがありますが、慣れるとはまり、ベトナムでは何度も飲みました。ベトナムはいたるところにカフェがあるのでありがたかったです。

f:id:tripmyself:20171225210608j:plain

ホーチミンは、ブイビエン通りのようなごちゃごちゃした通りと、ドンコイ通りのようなおしゃれ通りと両方楽しむことができるのです。

ホーチミンはゴージャスな夜景も楽しめる!

ホーチミンの市街地はイルミネーションにこだわっているようで、建物や道ばたにある飾りを惜しげなくライトアップしており、綺麗な夜景を楽しむことができました。特に、ドンコイ通りや文化公園あたりでは、かなりゴージャスでした。

バイクがたくさん走る頭上に、花のイルミネーションが飾られています。なかなかのこだわりです。

f:id:tripmyself:20171225202548j:plain

f:id:tripmyself:20171225202603j:plain

下の写真は、ライトアップされたサイゴン大教会です。なかなかいい雰囲気でした。

f:id:tripmyself:20171225202615j:plain

ホーチミン市人民委員会という建物です。かなり丁寧にライトアップしています。ベトナム人は、イルミネーション好きのようです。

f:id:tripmyself:20171225202624j:plain

色とりどりの派手な街です。

f:id:tripmyself:20171225202635j:plain

まとめ

ベトナム・ホーチミンで私が歩いてまわって、おすすめしたい見どころを紹介しました。アジア的な雰囲気と都会的な雰囲気の両方を楽しめるところが良かったです。

地球の歩き方を見て、歩く場所を決めたのですが、ここで紹介した以外にも、散策したら面白そうな通りやスポットがいくつあるので、ホーチミンへ旅行する際は、いろいろ検討してみるとよいでしょう。

 

以下に、私が行ったベトナムのホーチミン・ムイネー・ホイアン旅行についてまとめた記事のリンクを貼り付けるので、ご参照ください。