Trip by myself

ツアーを使わず、すべて自分でアレンジ!普通のサラリーマンが行った、"格安な長期間旅行"(主にアジア圏)で見た景色や、旅行ノウハウを紹介!

西表島でキャンプ旅行するために実践した方法を解説!

f:id:tripmyself:20180916185814j:plain

キャンプ旅行とは?

キャンプ旅行とは、私が勝手に定義したのですが、旅行に行く際の宿泊先をホテルや民宿を使うのではなく、キャンプ場でテントを張って寝泊りしながら、旅先を移動していくことをいいます。

本州から西表島へ行って、キャンプ旅行できるか?

私は2015年のGWに西表島への旅行を計画しました。そのとき、できるだけ旅費を節約するために、宿泊先をホテルや民宿ではなく、キャンプ場にすることを検討しました。

西表島のキャンプ場を調べてみると、数は少ないし、情報もあまりなかったのですが、なんとか利用できそうであることが分かりました。

西表島はキャンプ場が少ない・・

西表島は自然いっぱいの南国で、キャンプ場に最適な土地だと思うのですが、4つ(ミトレアキャンプ場、南風見田キャンプ場、星の砂キャンプ場、ほしずな亭キャンプ場)しかありません。。

そのため、キャンプ旅行をしようすると、観光の見どころ近くに滞在したかったのですが、キャンプ場が少ないために、全日程をキャンプ場というわけにはいきませんでした。

北海道はキャンプ場がたくさんあった・・

それに対して、2014年6月に行った北海道はいたるところにキャンプ場があったので、本当に助かりました。北海道はキャンプ場の料金が安いし、しかも管理がしっかりしているところも良かったです。西表島も、北海道みたいにキャンプ場の量と質を充実させてほしいと感じました。

参考までに、私が北海道でやったキャンプ旅行についてまとめた記事のリンクを貼っておきます。

www.tripbymyself.com

西表島でキャンプ旅行するために実践した3つのポイント

西表島でどのようにキャンプ旅行を実現したか、私が実践した3つのポイントを解説したいと思います。

1.登山用のテントをザックに詰めて持っていく

まず、荷物についてです。

テントを本州から持ち運んで旅行するには、テントは軽量である必要があります。私は登山をやっていたので、軽量な登山用テントを持っていたので、持ち運ぶことができました。

私が持っている登山用テントは、アライテントのエアライズ2で、ポールも含めて1.5kgです。それを使って、妻と2人で寝泊りました。

下の写真は、私がザックを背負っているところのものです。テント、寝袋やマットを入れているのでザック(最大容量75L)がパンパンです・・。

f:id:tripmyself:20180916185853j:plain

私のテントの外観は、下の写真のようになっています。狭いですが、夫婦2人で何とか寝ることができます。

f:id:tripmyself:20180917201137j:plain

事前に荷物を送ってもよい

登山用のテント、寝袋、ザックなどを持っておらず、ファミリーキャンプの道具しか持っていない場合、西表島へ宅急便で事前に送付してもよいでしょう。運送会社の局留めなどにして荷物を保管しておき、レンタカーでピックアップすればよいでしょう。

(その場合、運送費やレンタカーの料金が余計にかかるので、私はやりたくないですが・・。西表島旅行では、3泊4日のうち1日分しかレンタカーを使わず、あとはバスで移動することで、交通費を節約しました。)

2.食事は売店の惣菜や食堂を使う

次に、食事についてです。

キャンプ中の食事は、売店の惣菜や食堂を活用しました。キャンプといえば自炊が基本ですが、今回の旅行はキャンプ場での滞在が2泊だけなので、売店の惣菜や食堂で済ませることにしました。

本来は、より節約を意識して、自炊したいのですが、ガスバーナーやガス缶、食器類を持って行くのが、面倒でやめました。長期滞在する場合は、自炊をするべきでしょう。

下の写真のように、ミトレアキャンプ場に滞在したとき、私は肉や揚げ物を買い、妻は、果物やトマトを買いました。

f:id:tripmyself:20180916185928j:plain

3.キャンプ場少ないので民宿も使う

最後に、西表島キャンプ旅行のために実践したことは、キャンプ場だけでなく民宿も活用したことです。

これは上にも書きましたが、西表島はキャンプ場が少ないので、いろんな観光地をまわりたい場合、行き先にキャンプ場がない場合があるので、民宿やゲストハウスに泊まらざるを得ません。。

下の写真のように、西表島の西側にある船浮へ行く場合は、あきらめて民宿を使いました。船浮にはキャンプ場がないので、しょうがありません。ただ、これはこれで、キャンプ場に対して贅沢な感じがして良かったです。

f:id:tripmyself:20180916190041j:plain

利用したキャンプ場

西表島3泊4日旅行のうち、私はキャンプ場に2泊しました。利用したキャンプ場は、以下の2つです。

①ミトレアキャンプ場(ピナサイーラの滝に行くための拠点)

f:id:tripmyself:20180916190138j:plain

②ほしずな亭キャンプ場(星砂の浜ビーチを楽しむための拠点)

f:id:tripmyself:20180916190100j:plain

上記2つのキャンプ場については、以下の記事に詳しくまとめていますので、ご参照ください。

www.tripbymyself.com

まとめ

西表島を3泊4日旅行したときに、2泊をキャンプ場にテントを張って滞在したので、西表島でキャンプ旅行するために私が実践した3つのことを紹介しました。

西表島はキャンプ場が少ないですが、旅費を節約し、かつ、南国の大自然をより身近に感じるため、キャンプ場を活用したキャンプ旅行をやってみることをおすすめします!

 

私が行った、西表島旅行について、以下の記事にまとめています。ご参照ください。

www.tripbymyself.com