Trip by myself

ツアーを使わず、すべて自分でアレンジ!普通のサラリーマンが行った、"格安な長期間旅行"(主にアジア圏)で見た景色や、旅行ノウハウを紹介!

【石垣島】青の洞窟へ個人で行く方法と行ってみた感想

f:id:tripmyself:20181007201543j:plain

石垣島にある「青の洞窟」とは?

青の洞窟とは、海水によって浸食された洞窟で、洞窟内部が太陽光によって青く光る、神秘的な光景を見ることができます。

イタリアにある青の洞窟が有名ですが、石垣島にも青の洞窟があります。青の洞窟へ行くには、ツアー会社やマリンショップの催行するシュノーケルツアーに参加すれば行くことができます。

個人(自力)で青の洞窟へ行ってみた

私は2018年9月22日~27日まで、妻と2歳の娘とともに石垣島を旅行した際、青の洞窟へ行きたいと考えました。

ただ、ツアーを使うとお金がかかりそうだし、2歳の娘が参加するのは難しいのではないかと思われました。そこで、自力で行けないか、ネットで行く方法を検索してみると、個人でも行けそうということが分かり、実行にうつしました。

我が家は、無事、青の洞窟までただりついて帰ってくることができたので、個人で行く方法を記事にまとめたいと思います。

青の洞窟はどこにある?

石垣島の青の洞窟は、米原ビーチの少し東の方にあります。以下の地図で印をつけた場所にあります。観光地化された場所ではないですが、ツアーで行く人が多いためか、グーグルマップにしっかり場所と口コミが投稿されています。

駐車場

青の洞窟へ行くための駐車場は、少し離れた(1kmくらい?)ところにある米原ヤエヤマヤシ群の駐車場がよいでしょう。もっと近い場所は、地元民に迷惑かけるし、リゾートホテルの敷地もあるため、難しいでしょう。

我が家は、米原ヤエヤマヤシ群の近くにあるウィークリーマンションに宿泊していたので、部屋から歩いて行きました。

青の洞窟へ行く方法

青の洞窟へ行く方法を順を追って説明します。我が家は、干潮の時間帯を狙い、この日(2018年9月24日)は午前11:30頃にマンションを出発しました。

1.米原ヤエヤマヤシ群駐車場を出発

米原ヤエヤマヤシ群の駐車場からまっすぐ北の方へ坂道を下っていきます。

f:id:tripmyself:20181008102118j:plain

県道79号を過ぎると、以下の写真のような砂利道となります。

f:id:tripmyself:20181008102059j:plain

2.コーラルテラス石垣島のトンネルを通過

砂利道をまっすぐ行くと、下の写真のような、会員制リゾートホテル・コーラルテラス石垣島の敷地を横切るためのトンネルを歩きます。このトンネル、一瞬通行禁止かと思ったのですが、普通に歩けました。

f:id:tripmyself:20181008102045j:plain

3.ジャングルのような道を歩く

トンネルを通過した後は、下の写真のようなジャングルの中を歩きます。

私が行ったときは雨が降ったりやんだりの天候だったので、地面がぬかるんで非常に滑りやすくて歩きにくかったです。しかも娘を抱っこしていたので、なかなか難儀しました・・。

f:id:tripmyself:20181008102150j:plain

4.浜辺に出る

ジャングルを抜けると、下の写真のような浜辺に出ます。

f:id:tripmyself:20181008102209j:plain

5.東の方向へ約100mくらい海の中を歩いて、青の洞窟へ到着!

浜辺に出たら、東の方向(右方向)へ向いて、海岸沿いを100mくらい歩くと青の洞窟へ到着します。

干潮時なので、下の写真のように、水の中を歩くだけで青の洞窟へ行けます。写真に写っているのは、私の妻と2歳の娘です。娘をだっことして歩いて行けました。

f:id:tripmyself:20181008102332j:plain

上の写真で、奥の方に数人の人影が見えると思いますが、それはツアーで行っていた人たちです。彼らがいるのが、まさに青の洞窟の前です。昼間の時間帯には毎日ツアー客が大勢訪れるとのネット情報がありましたが、私が行ったときは、2組くらい見かけました。

青の洞窟へ向かう途中、下の写真のように、たくさんの魚を足元に見ながら歩くことができました。

f:id:tripmyself:20181008102605j:plain

下の写真が、青の洞窟です。

水の色は緑色でした。満潮時は青色に輝くが、干潮時は緑色との事前に調べたネット情報の通りでした。

f:id:tripmyself:20181008102540j:plain

洞窟の中へ入れば良かったのですが、この日は天気があまり良くなかったので、上の写真だけとって、引き返しました。

洞窟の中に入って、そこから見える外の景色もなかなか神秘的かもしれず、後で行けば良かったかなと少し後悔しています。。あと、この緑色の水の中で泳ぐと綺麗な魚も見れたかもしれません。。

どんな服装で行けばよい?

青の洞窟に行くための服装ですが、私は、下の写真のように海水パンツにサンダルのクロックスを履いて行きました。

干潮時に行ったのでこの格好で行けましたが、満潮時はウェットスーツやシュノーケルセットを持って行った方がいいでしょう。

f:id:tripmyself:20181008102627j:plain

どの時間帯に行くのがいい?

青の洞窟へ行く時間帯はいつがいいかというと、満潮の時間帯は水が青色に光って綺麗とのことです。ただ、満潮時は浜辺から洞窟までは泳いで行く必要があって、少し敷居が高いと思われます。

そこで我々は、干潮時に行くことで、徒歩でたどり着くことができました。その分、洞窟の水の色は緑色だったので、期待したほど綺麗だと感じられませんでした。

f:id:tripmyself:20181008102735j:plain

やはり、最高に綺麗な状態で見たいなら、快晴の日に、満潮の時間帯に行くのが良いでしょう。

石垣島の干潮、満潮の時間帯は以下のページから確認できます。ご参照ください。

気象庁 | 潮汐・海面水位のデータ 潮位表 石垣(ISHIGAKI)

行ってみた感想

石垣島の青の洞窟へ、妻と2歳の娘とともに、個人で行ってみました。

ネットの情報だけで行けるか少し不安でしたが、意外に簡単に行くことができました。ただ、少し天気が良くなかったのと、干潮時だったので、洞窟の水の色が緑っぽくて、期待したほどの綺麗な景色を見ることができなかったのが残念です。

また石垣島へ行く機会があれば、今度はシュノーケルセットを持って行き、天気の良い満潮時を狙って行ってみたいと思います。

f:id:tripmyself:20181008102837j:plain

まとめ

石垣島の青の洞窟へ個人(自力)で行く方法を解説し、行ってみた感想を書きました。

普通の観光地だけでなく、このような冒険的な要素も取り入れると、旅行全体にもスパイスが効いて楽しい思い出になると思います。

 

 

私が行った5泊6日石垣島旅行について、下記記事にまとめています。ご参照ください。

www.tripbymyself.com