Trip by myself

ツアーを使わず、すべて自分でアレンジ!普通のサラリーマンが行った、"格安な長期間旅行"(主にアジア圏)で見た景色や、旅行ノウハウを紹介!

【ブログ】駒出池キャンプ場の魅力を紹介、0歳の子連れでオートキャンプした感想

f:id:tripmyself:20180802105435j:plain

駒出池キャンプ場はどんなキャンプ場?

駒出池キャンプ場は、長野県にまたがる八ヶ岳の東麓の八千穂高原にあります。標高が1,285mのところにあり、美しい白樺に囲まれた綺麗な景観を楽しめるキャンプ場です。

標高が高いので下界よりもかなり涼しく、しかも絶景のなかでキャンプを楽しめる、素晴らしいキャンプ場だと思います。

サイトは、オートサイトとフリーサイト(車乗り入れ不可)があり、他にコテージやバンガローもあります。

0歳の子連れでキャンプした

私は駒出池キャンプ場に、2016年8月7日~8月8日の1泊でキャンプ(オートサイト)しました。

同行者は0歳の娘と妻です。0歳の子連れでキャンプは大変だろうと思ったのですが、どうしても仕事のストレスの息抜きとして、自然と触れ合うためにキャンプへ行く必要性を感じ、行くことにしました。結果、やはり大変でした・・。

0歳の娘はハイハイするのですが、動き回るので、私か妻のどちらかが常に張り付いて面倒をみてやる必要がありました。

下の写真のように地面に敷いたシートの上で遊ばせていました。一人が面倒みている間に、テント設営や食事の準備をしました。

f:id:tripmyself:20180901113652j:plain

駒出池キャンプ場はどこにある?

駒出池キャンプ場は、下に示す地図のように、長野県佐久穂町にある北八ヶ岳の東に位置しています。

最寄りの高速道路ICは、北側からアクセスする場合は佐久IC、南側からアクセスする場合は須玉ICです。

私が行ったときは、佐久ICから国道141号を南下し、途中"ツルヤ佐久穂店"で買い出ししてキャンプ場へ向かいました。佐久ICからキャンプ場までは約30kmあって暑いなか運転したので大変でした。

ただ、今調べてみると、なんと中部横断自動車道という便利な無料道路ができているようです!中部横断自動車道は佐久から八千穂高原までを結ぶ高速道路となっており、これを使うとかなり快適かつ早く、キャンプ場へアクセスできそうです。

駒出池キャンプ場の素晴らしいところ

駒出池キャンプ場は、自然好きな私にとっては、本当に素晴らしいキャンプ場だと感じました。どんなところが魅力に感じたか、写真を交えて紹介しようと思います。

1.美しい自然に囲まれて風光明媚

なによりもこのキャンプ場は自然風景が非常に美しいです。八ヶ岳の麓である八千穂高原にキャンプ場が位置しており、緑豊かな白樺林が本当に綺麗なのです。

f:id:tripmyself:20180901122543j:plain

標高が高いため空気が綺麗で空も青いです。下の写真のように、テントの色も生えます。

f:id:tripmyself:20180901122419j:plain

そして木々に囲まれた駒出池が、これまた素晴らしいです。湖面に森の景色が反射しています。水が綺麗ということなのでしょう。

f:id:tripmyself:20180901122602j:plain

湖のほとりでは、小さな川があって遊ぶこともできます。

f:id:tripmyself:20180901123158j:plain

2.立派なアスレチックがある

駒出池キャンプ場のもう一つの魅力は、立派なアスレチックがあることです。普通のキャンプ場では、遊具は2~3個くらいしかないと思いますが、このキャンプ場ではしっかり木で作られた12個ものアスレチックが森の中でコースとなって設置されています。

f:id:tripmyself:20180902160921j:plain

作りがしっかりしているので、子供から大人まで楽しめるでしょう。我が家では、私が娘をだっこし、妻が思う存分アスレチックを楽しんでいました。

f:id:tripmyself:20180901122311j:plain

f:id:tripmyself:20180901122245j:plain

オートサイトとフリーサイトどちらでも楽しめそう

駒出池キャンプ場は、オートサイトとフリーサイトがありますが、どちらも楽しめそうに感じました。

オートサイトは下の写真のように林間に位置しており、快適に過ごすことができると思います。

f:id:tripmyself:20180901122807j:plain

一方フリーサイトの方は、下の写真のように開けた広場にテントを張ることになります。荷物の持ち運びが大変なのと、日差しが当たるのを我慢すれば、素晴らしい風景の中でキャンプをすることができるでしょう。

f:id:tripmyself:20180901122353j:plain

下の写真のように、フリーサイトでは駒出池のそばにテントを張ることもできます。

f:id:tripmyself:20180901125605j:plain

私はキャンプ初心者なので、オートサイトの方に泊まったのですが、次行くときは絶景キャンプを楽しみたいので、フリーサイトの方に泊まろうと思います。

料金は?

オートサイト/フリーサイトの料金は以下のようになっています。

・オートサイトの場合

1泊大人(中学生以上)1,200円/子ども(3歳以上)600円、駐車1泊2,000円

・フリーサイトの場合

1泊大人(中学生以上)1,200円/子ども(3歳以上)600円、駐車1泊500円

フリーサイトの方が駐車料金が1泊で1,500円分安くなっています。

0歳子連れでのキャンプは大変だったが、楽しめた

私はオートサイトに泊まったのですが、下の写真のように美しい木々に囲まれたサイトでした。1区画の広さは、2ルームテントを張って車を置いても、まだ余裕スペースがありました。

f:id:tripmyself:20180901122856j:plain

サイトのそばには、なんと下の写真のようなちょろちょろと流れる川もありました。これは癒されました。

f:id:tripmyself:20180901122654j:plain

0歳娘の面倒を見ながらのキャンプは、なかなか落ち着ける時間がなくて大変だったのですが、上述のような美しい自然に囲まれて癒しのひとときとなりました。

f:id:tripmyself:20180901123256j:plain

まとめ

美しい自然風景のなかでキャンプが楽しめる、駒出池キャンプ場の魅力と、0歳の子連れでキャンプした感想を紹介しました。

本当に気持ちよくキャンプできると思うので、是非おすすめです!

特に、このキャンプ場の標高の高さによる涼しさと美しい景観の魅力は、特に真夏に発揮すると思うので、7~8月に訪れるとよいでしょう。