Trip by myself

ツアーを使わず、すべて自分でアレンジ!普通のサラリーマンが行った、"格安な長期間旅行"(主にアジア圏)で見た景色や、旅行ノウハウを紹介!

【昆明観光】仏教寺の円通禅寺と翠湖公園をセットで散策した

f:id:tripmyself:20180122184041j:plain

昆明の市街地を観光した

昆明は、雲南省の省都となっている都市です。

交通の要衝となっており、雲南省を旅行する際は、日本から昆明まで飛行機で行き、そこからバスや鉄道に乗り換えて各地の見どころへ移動することになります。

私は昆明からバスで7時間のところにある元陽へ、世界遺産の棚田を見に行くための中継地として、昆明で3日ほど(2018年1月5日から1月7日まで)滞在しました。

その時に私が訪れた、昆明の市街地にある観光スポットを紹介したいと思います。

昆明の観光スポット

昆明の観光スポットは、博物館、公園や仏教寺などで、中心部の市街地と郊外にそれぞれ点在しています。

私が訪れたのは市街地のみです。昆明の市街地にある観光スポットは、ガイドブックの地球の歩き方によると、以下のようなものがあります。

  • 雲南省博物館
  • 大観公園
  • 円通禅寺
  • 翠湖公園
  • 雲南鉄路博物館
  • 東寺塔・西寺塔

地球の歩き方では、これらの観光スポットのおすすめ度はそんなに高くなく、ネットで口コミを調べてもあまり魅力的なことは書いていませんでした。そのため、どれに行こうか悩んだ末、円通禅寺、翠湖公園、東寺塔・西寺塔を訪れることにしました。

この記事では、円通禅寺と翠湖公園をセットにして散策したときのことを紹介したいと思います。

円通禅寺と翠湖公園をセットにして徒歩で散策

円通禅寺と翠湖公園は昆明の市街地にあり、それぞれ近い場所に位置しています。地図上では以下のような位置関係になっており、互いに約600mの距離です。

私が昆明で滞在していたホテルの春城之星酒店から比較的近かったので、円通禅寺と翠湖公園に徒歩で観光することにしました。春城之星酒店については、以下の記事を参照してください。

www.tripbymyself.com

私はホテルから徒歩で行ったのですが、地下鉄でアクセスする場合は、最寄駅が穿心鼓楼駅で、そこからも徒歩で行くことができます。また、円通禅寺前まで行くバスも走っていますが、バスはいくつも路線があり、ルートが分かりにくいので、行くなら地下鉄がいいと思います。お金があるならタクシーを使えばいいでしょう。

春城之星酒店から円通禅寺へ行くには、以下のような道を歩きます。

行った時期は1月で冬ですが、昆明は暖かく、日本の11月くらいの気候で、散策すると非常に気持ち良かったです。それと、昆明は北京や上海と違って、空気が綺麗で空が真っ青であることも良かったポイントです。

f:id:tripmyself:20180122184102j:plain

昆明の市街地にはいたるところに、以下の写真のような、レンタル自転車置き場がありました。使いたいと思ったのですが、なにやら手続きが難しそうで、使いませんでした。乗り捨てできそうな場所がいくつもあったので、このレンタル自転車を使いこなすことができたら、観光には非常に便利だと思います。

f:id:tripmyself:20180122184122j:plain

円通禅寺は意外に?仏教建築が美しい

円通禅寺は、1,200年以上の歴史がある、昆明市内最大の仏教寺院です。最大というだけあって、中国人の参拝客がたくさんいました。

ホテルから数百メートル歩いて、円通禅寺に到着です。入場料6元を払って、中に入りました。

f:id:tripmyself:20180122184509j:plain

敷地内に入ると、以下のような立派な門があります。いかにも中国らしい装飾の門です。私はこういう、中国らしい装飾は好きです。

f:id:tripmyself:20180122183948j:plain

円通禅寺の敷地は結構広く、お堂や僧院がいくつもありました。お堂の中には、派手な仏像がいます。中国の建築様式は好きですが、中国の仏像については、少し派手すぎるし作りが粗い気がして、やはり日本の仏像の方が魅力的だと実感しました。

f:id:tripmyself:20180122184301j:plain

下の写真は、円通禅寺の僧院群です。池の周りにずらりと僧院が並んでいます。色使いが綺麗でなかなか見ごたえがあります!

f:id:tripmyself:20180122184314j:plain

f:id:tripmyself:20180122184418j:plain

下の写真は、本殿だと思います。立派な建物で、たくさんの参拝客がいました。

f:id:tripmyself:20180122184326j:plain

f:id:tripmyself:20180122184403j:plain

本殿の中には、大きな仏像がいます。

f:id:tripmyself:20180122184338j:plain

しっかり狛犬もいました。

f:id:tripmyself:20180122184350j:plain

このお寺には、お経を唱えている人がたくさんいました。お経を唱えているのは、お坊さんではなくおばさん達で、熱心な仏教徒なのでしょう。聞きごたえのあるお経で、しばらくその場で聞き入ってしまいました。f:id:tripmyself:20180127165256j:plain

円通禅寺は、昆明の最大の仏教寺院だけあって、信仰の深さを感じることができました。また、中国らしい建築様式で、景観的にも楽しめることができました。

あまり期待していなかったのですが、円通禅寺はなかなか行く価値があったと思います。昆明の市街地を観光する際は訪れることをおすすめします。

翠湖公園は人が多くてあまり見どころない

円通禅寺の観光を終えて、翠湖公園へ向かいました。翠湖公園は、本当に市街地のど真ん中にある公園で、憩いの場として、たくさんの人がいました。

f:id:tripmyself:20180122184147j:plain

下の写真のように、池があり、たくさんの鳥が生息し、ほのぼのした雰囲気です。

f:id:tripmyself:20180122184136j:plain

f:id:tripmyself:20180122184247j:plain

園内は、地元民か観光客か分かりませんが、たくさんの人が散策していました。

f:id:tripmyself:20180122184231j:plain

翠湖公園は、敷地自体かなり広いのですが、少し歩いてみて、あまり見どころはないなと感じて、すぐに出ました。湖と鳥には癒されるのですが、なぜか人が多いし、正直、あえて観光する必要もないと感じました。

まとめ

昆明の市街地で、互いに場所が近くてセットで観光できる、円通禅寺と翠湖公園を紹介しました。

個人的には、円通禅寺はなかなか見る価値があったと思いますが、翠湖公園はただ湖と鳥、たさくんの人がいるだけで、そこまで行く価値はなかったように思います。

昆明の市街地を観光する際は、翠湖公園はおすすめできないですが、円通禅寺だけはおすすめです!