Trip by myself

ツアーを使わず、すべて自分でアレンジ!普通のサラリーマンが行った、"格安な長期間旅行"(主にアジア圏)で見た景色や、旅行ノウハウを紹介!

【中国・桂林】漓江下りするなら興坪からが安くていいとこ取り!

f:id:tripmyself:20171126222430j:plain

漓江下りとは?

漓江下りは、桂林・陽朔エリア観光の一番の見どころです。大きな漓江の両岸に連なる特徴的な小高い岩山により、美しい景観を見せてくれます。

漓江下りは、クルーズ船やイカダに乗って、川を下っていく(上る場合もある)ことになります。

漓江下りの2つの出発点

 漓江下りをするには、2つの出発点があります。

一つは、桂林の竹江船乗り場で、もう一つは、興坪の船着き場で、以下の位置関係になっています。

以下の地図に、青色の印で上から順に、桂林の竹江船乗り場、興坪の船着き場、参考として陽朔の船着き場を示します。

漓江下り2つの出発点による内容の違い

漓江下りは、桂林と興坪の2つの出発点により、ルート、船の種類、料金、所要時間が異なります。

桂林出発の場合

ルート:桂林~楊堤~興坪~陽朔、陽朔からバスで桂林に戻る

船の種類:クルーズ船

料金:一人300元くらい~

所要時間:約7時間(川下りは約5時間)

上記のように、桂林出発の場合は、クルーズ船で所要時間も長く、かなり豪華な印象です。

桂林・陽朔旅行の前に調べた時、桂林出発の漓江下りは、豪華すぎるし料金も高いので、私にとっては、少しハイソ過ぎかなあと感じていました。

その時いろいろ調べていくと、興坪出発のイカダによる漓江下りがあることを知りました。

興坪出発の場合

ルート:興坪から、黄布倒影や九馬画山などの見どころを経由して漓江を上り、しばらくして戻る

船の種類:イカダ(モーター付)

料金:一人100元くらい~

所要時間:約1時間

これだと、庶民的価格で、見どころもおさえており、これで十分なのではないかと思いました。興坪に宿泊して、のんびり周辺散策も楽しめばいいと思いました。

興坪からの漓江下りは、安くて短時間でいいとこ取り!

結果、大当たりでした!

興坪からの漓江下りは、これまでの人生で見たこともないような絶景を見せてくれて、大満足でした。

イカダが走ったルートは、20元札に印刷されている絵が見れるし、恐らく、桂林から陽朔の間のなかでも、最もハイライトとなるルートであろうと思います。

以下に、私が漓江下りをしたときの写真を貼っておきます。

これは、興坪の船着き場です。

f:id:tripmyself:20171127182802j:plain

こんな感じの屋根つきのイカダに乗ります。イカダといっても、モーターがついているので、普通に速く走ります。

f:id:tripmyself:20171127182821j:plain

f:id:tripmyself:20171127182832j:plain

絶景です!

f:id:tripmyself:20171127182853j:plain

山水画のような風景です。

f:id:tripmyself:20171127182842j:plain

ただ、私は桂林出発のクルーズ船による漓江下りに乗ったわけではないので、そちらから見える景色がどのようなものか分かりません。ただ、同じような景色の川下りに5時間もいらないのではないかと思います。 

よって、興坪からの漓江下りは、料金が安くて短時間でいいとこ取りでき、桂林出発の漓江下りよりもおすすめできるといえるでしょう。

まとめ

桂林と興坪から出発する、2種類の漓江下りを比較してみました。

結論として、興坪から出発する漓江下りの方が、料金が安くて短時間でいいとこ取りできるので、おすすめといえます。

 

この記事で書いた、陽朔への旅行について、行った時期やかかった費用など、詳細をまとめた記事を以下にリンクしておきます。ご参照ください。