Trip by myself

ツアーを使わず、すべて自分でアレンジ!普通のサラリーマンが行った、"格安な長期間旅行"(主にアジア圏)で見た景色や、旅行ノウハウを紹介!

【海外旅行Wifi】レンタル vs ルーター購入どちらが得?中古ルーターを活用がおすすめ!

f:id:tripmyself:20171210174943j:plain

海外旅行先のネット環境は、Wifiルーターのレンタルか購入どちらがいい?

私は今年の年末年始に、中国へ8泊9日の旅行を計画しています。

その際、旅先でも調べ物をしたり、地図を確認したり、ブログを書いたりするため、ネット環境が欲しいと思いました。インターネットは、ホテルで使えることが期待できますが、中国のホテルにおけるネット環境は貧弱なイメージが強く、かつ、私が泊まるのは安宿ばかりなので、日本からWifiルーターを持って行くことを検討しました。

海外旅行へWifiルーターを持って行くには、レンタルをするか、自分で購入してSIMカードを挿して使うかの、2つの方法があります。レンタルの方が手軽に思えますが、値段的にはどちらがお得でしょうか?

2つの方法で、どちらが安いか比較してみましょう。

Wifiルーターのレンタルはいくらかかる?

 Wifiルータのレンタル料金は、グーグルで、"wifiルーター レンタル 海外"と検索すると、以下の、価格コムのサイトで各社の料金を比較することができました。

kakaku.com

中国で9日間の料金の最安値は、フォートラベル GLOBAL WiFi というサービスで3,060円です。

3,060円だと、パッと見、ルーターを買うより安く済みそうだと感じました。自分専用のルーターの場合、SIMカードも別途用意する必要ありますし。

Wifiルーター購入+SIMカードはいくらかかる?

では、自分用のWifiルーターとSIMカード(プリペイド)を買うといくらかかるか計算してみましょう。

Wifiルーターは、海外のSIMカードに対応するため、SIMフリーの端末である必要があります。価格コムのモバイルデータ通信でSIMフリー端末の人気ランキングを見てみると、新品だと安くても1万円以上はしそうです。

SIMカードは、中国で7日間利用のプリペイドSIMカード(China Unicom)がAmazonで売られており、1,410円でした。

以上より、WifiルーターとSIMカードの料金を合わせると、12,000円くらいになります。

Wifiルーター購入+SIMカード、6度の海外旅行でレンタル料金を回収できそう

SIMカードは、毎回旅行へ行くたびにかかります。1度の旅行では、自分のWifiルーターを使うと、約1600円分(レンタル3,060円-SIMカード1,410円=1,650円)浮くことになります。

よって、Wifiルーター約1万円分は、6回くらい海外旅行へ行くと、元をとれることになります。

海外旅行へ6回も行くのはかなり先なので、レンタルしようかと思ったのですが・・

中古のWifiルーターが安い

いや、待てよ。Wifiルーターなんて中古で十分なのではないか、と思いました。

世の中にたくさん出回っている機種は、中古も豊富で、価格も下がっているのではないか、と。

そこで、価格コムでSIMフリーのWifiルーター人気ランキングの中から、2~3年くらい前に販売開始された機種で人気のものを探しました。あまりに新しい機種だと中古が出回っていないので、あまり古すぎず、中古が出回っていそうな、2~3年前がちょうどいいと思います。

探してみると・・

ありました!HuaweiのE5383という機種で、レビュー評価もそこそこで、Amazonのマーケットプレイスにたくさん中古が売り出されています。

他にも、ZTEというメーカのMF98Nという機種も良さそうで迷いましたが、E5383の方が新しいし、より多くの人が使っていそうで、安心感がありました。

中古WifiルーターのHuawei E5383を買った

早速、中古のHuawei E5383を5,980円で買いました。商品のコメント欄は、未開封で新品同様と書かれていました。

この機種は、20点以上出品されていますが、どれも状態が良さそうなコメントが書かれています。中古がたくさん出回っているためと思われます。

届いた商品は、以下のように、丁寧な梱包で、中身も非常に良い状態でした。まだ使っていませんが、これなら大丈夫でしょう。

f:id:tripmyself:20171210175001j:plain

f:id:tripmyself:20171210175014j:plain

これで、4度の海外旅行でルーターのレンタルに対して元が取れる

中古で安く、Wifiルーターを買っため、1万円のWifiルーターだと6度の海外旅行で、レンタルに対して元を取れそうなところを、4度で元が取れそうになりました。

普段の生活でもルーターを活用できるし、良しとしましょう。

海外SIMカードはAmazonで買える

自分のWifiルーターを海外で使う場合は、現地のネット環境に対応したSIMカードも用意する必要があります。私の場合、行き先が中国なので、"中国 SIMカード"で検索すると、Amazonで買えることが分かりました。

中国だけでなく、いろんな国に対応したSIMカードが販売されているので、旅行へ出かける前に日本で購入し、接続の設定も済ませておくと安心でしょう。

f:id:tripmyself:20171210175027j:plain

まとめ

海外旅行先でWifi環境を得るために、Wifiルーターをレンタルするか、自分専用のものを購入して持って行くかで、どちらがお得か、考えてみました。

結果、4度以上海外旅行へ行く場合、自分のWifiルーター(中古ですが)を購入した方が安く済むことが分かりました。私は、今後4度以上海外旅行へ行くので、中古のWifiルーター(HuaweiのE5383)を購入して、年末年始の中国旅行に備えることにしました。

海外旅行に何度も行き、旅先でもインターネットをする方は、自分専用の中古のWifiルーターとSIMカードの購入をおすすめします!