Trip by myself

ツアーを使わず、すべて自分でアレンジ!普通のサラリーマンが行った、"格安旅行"(主にアジア圏)で見た景色や、旅行ノウハウを紹介!最近ハマりだしたキャンプの情報も紹介!

【中国】香格里拉(シャングリラ)でレンタサイクルする方法、自転車で行ったスポット紹介

f:id:tripmyself:20190106191750j:plain

香格里拉(シャングリラ)はサイクリングしたくなる

香格里拉(シャングリラ)は、中国南西部の雲南省にあって、チベット族が住むエリア(チベット族自治州)です。標高が3,276mに位置して、周囲は山に囲まれています。

香格里拉を旅行する際、通常、中心部の独克宗古城(ドクソンコジョウ)あたりに滞在すると思います。ここには、チベットと中国の建築様式の建物が立ち並び、独特の景観を作り出しています。

f:id:tripmyself:20190106191304j:plain

そして、下の写真のように、少し高い場所から香格里拉の町を見下ろすと、周囲が美しい山々に囲まれていることが分かると思います。それを見ると、郊外に行くと、もっと綺麗な風景をみつけられるのではないかと、期待が膨らむと思います。

f:id:tripmyself:20190106191314j:plain

実際ガイドブックの地球の歩き方を見ると、数km郊外に行くだけで、以下の観光スポットがあることが分かります。

  • 松賛林寺(北5km)
  • ナパ海(北西8km)
  • 藍月山谷風景区(南西7km)

上記のようスポットへ行ったり、ガイドブックにない美しい風景に出会うためにも、香格里拉では、自転車で走りたくなるでしょう。

私は2018年12月25日から27日まで、2泊3日間香格里拉に滞在し、2日目にサイクリングをして非常に楽しめたので、自転車をレンタルする方法や、行ってみた場所を紹介したいと思います。

香格里拉で自転車を借りる方法

香格里拉では、自転車をレンタルできるところがあります。

私が独克宗古城内を歩いて探してみたところ、一か所しかみつかりませんでしたが、さすがに他にもいくつかあるとは思います。

私が借りた店

私が自転車を借りたのは、以下の写真の店です。

食堂の看板がありますが、自転車レンタルも扱っているようです。窓ガラスに貼ってある張り紙に、"自行车出租"と書いてあり、これが自転車レンタルできることを意味しています。

借りた自転車の車種はGIANTです。

f:id:tripmyself:20190106192405j:plain

上の写真の店は、地図上では以下の青印の場所にあります。地図は拡大・縮小できるので、確認してみてください。

※この情報は、2018年12月末時点のものです。

料金は?

自転車レンタルの料金は、1日30元です。特に、時間については言われなかったので、制限はないでしょう。

デポジットは?

デポジットとして、パスポートを預けました。少し心配でしたが、自転車返却したら、普通にパスポート返してくれました。

もしかしたら、交渉次第では、100元とか200元の現金で対応できるとは思います(麗江の濾沽湖という観光地の自転車レンタルは、デポジット100元でした。)。

自転車で行った場所

私が自転車で行った場所を紹介したいと思います。

とりあえずまずは、下の写真のように、ガイドブックを見て気になっていた、石卡雪山(藍月山谷風景区)へ向けて走り出しました。藍月山谷風景区では、ロープウェイで、石卡雪山の山頂4,449m手前まで上がることができるのです。

f:id:tripmyself:20190106192446j:plain

ナパ海

藍月山谷風景区へ向かう途中、大きく広がるナパ海がありました。

ナパ海は、緑豊かな草原のはずですが、冬なので、草はありませんでした。それでもこの雄大さはなんとも素晴らしい風景でした。

f:id:tripmyself:20190106192430j:plain

f:id:tripmyself:20190106192537j:plain

水が張っているエリアもありました。夏には湿原っぽくなって、馬とか走って、もっと美しい風景になるのだと思われます。

f:id:tripmyself:20190106192635j:plain

藍月山谷風景区

藍月山谷風景区に向かって自転車を走らせています。

f:id:tripmyself:20190106192527j:plain

道は平たんで走りやすかったですが、目的地の2~3km前から坂道となりました。標高が高いため、すぐに息があがってしんどいので、自転車を降りて歩く羽目になりました。。こんなところに長い長い坂道があるなんて想定外でした・・。

途中、ヤクを見ながら、のんびり歩きました。

f:id:tripmyself:20190106192547j:plain

長い間歩いて、ようやく藍月山谷風景区に到着しました。冬なので、観光客もまばらでしたが、ロープウェイは動いていました。

f:id:tripmyself:20190106192559j:plain

分かっていたことですが、ロープウェイの料金は高いです。入場料30元+ロープウェイ代220元=250元(≒4,000円)もします。冬の閑散期なので、実はディスカウントされているのではないかと期待しましたが、そんなことはありませんでした。。

せっかくロープウェイ乗り場にきましたが、乗らずに引き返すことにしました。お金を払えば、4,500mから雲南省の山々の絶景が見えるはずなのですが・・。

f:id:tripmyself:20190106192609j:plain

下の写真のように、また来た坂道を、今度自転車でとばして下りました。

f:id:tripmyself:20190106192623j:plain

西内环路

藍月山谷風景区の帰り、グーグルマップにまだ載っていない、西内环路という新しそうな道に出ました(百度地図にありました)。かなり広い道幅で、広々として歩道を自転車で走ったら本当気持ちよかったです。

f:id:tripmyself:20190106193312j:plain

f:id:tripmyself:20190106193229j:plain

西内环路を南の方へ走ると、下の写真のような大きなチョルテンが見えました。さすがチベット族自治州なだけはあります。

f:id:tripmyself:20190106193243j:plain

下の写真は、納曲河という川です。この川は、上に示したグーグルマップで赤印で示す場所で撮ったものです。香格里拉市街地の方に続く川で、奥に雪山が見え、綺麗な風景でした。また、空が青々としているのも良かったです。

f:id:tripmyself:20190106193137j:plain

f:id:tripmyself:20190106193254j:plain

無事に自転車返却

無事に独克宗古城へ戻ってきて、自転車を返却すると、パスポートを返してもらえました。

標高が高いので、少しの坂道を走るだけですぐに息があがって、なかなか疲れましたが、綺麗な風景をたくさん見ることができたので、大満足の自転車旅行でした。

f:id:tripmyself:20190106193329j:plain


まとめ

香格里拉で自転車をレンタルする方法と、私がレンタルしてまわったところを紹介しました。標高が高いのですぐに息があがってしまいますが、香格里拉郊外の景色は、日本で見ることができない素晴らしいものばかりなので、行く価値は十分あると思います。

香格里拉観光する際は、自転車レンタルして、ガイドブックにない美しいスポットを発見してみましょう。

 

私が行った、麗江・徳欽・香格里拉11泊12日旅行の概要についてまとめた記事のリンクを以下に貼っておきます。

www.tripbymyself.com