Trip by myself

ツアーを使わず、すべて自分でアレンジ!普通のサラリーマンが行った、"格安旅行"(主にアジア圏)で見た景色や、旅行ノウハウを紹介!最近ハマりだしたキャンプの情報も紹介!

【JAL】おともdeマイルを解説、私の活用方法も紹介!

f:id:tripmyself:20190119112446j:plain

JALのおともdeマイル割引とは?

JAL国内線運賃の種類のひとつに、おともdeマイル割引という運賃があります。

複数人(2~4名)で同一区間往復の航空券を購入する場合に、非常にお得な料金になる運賃です。本人は10,000マイル分、同行者分は格安な割引運賃で、往復チケットを入手できる仕組みです。

ANAだと、"いっしょにマイル割"という名前で同じようなサービスがあります。

私は、おともdeマイル割引を普段から大いに活用しており、本当に安くてメリットが大きいと感じています。この記事では、おともdeマイルがどれくらい安くて、どのように活用したらよいか紹介したいと思います。

どれくらい安く感じる?

下記2点から、おともdeマイルは本当に航空券が安く購入でき、メリットが大きいと感じています。

1. 10,000マイルはすぐ貯まる

おともdeマイルを利用するために必要な10,000マイルというのは、普段の生活でJALカードを集中的に使うことで、すぐに貯まるマイル数です。公共料金、ネット通販、スーパーの買い物、携帯料金などあらゆものをJALカードで支払ううちに、1年で3万マイルくらいはたまると思います。

感覚的にはタダに近い金額で、1人分の往復運賃を払えるということになるのです。

2. 割引運賃が本当に安い。先得よりも安い。

おともdeマイルの料金だと、同行者の割引運賃というのも、これまた安くなるのです。金額的には、JALの最安運賃である、先得割引よりも若干ですが、安いです。

本人分はタダ同然で、同行者も最安運賃設定であることから、おともdeマイルの料金は本当に安い設定なのです。

実際、どのくらいお得?

実際、どれくらいおともdeマイルがお得か、計算してみようと思います。

我が家は、夫婦と3歳の娘がおり、羽田空港から実家のある広島へ帰ることを想定し、適当な日付で検索すると、料金は以下のようになります。

本人10,000マイル + 同行者42,860円

f:id:tripmyself:20190114213008p:plain

先得割引料金との比較

もし、JAL便最安値の先得割引を使った場合を計算してみます。

下の画像のように、先得割引だと安くて片道12,990円なので、以下のようになります。

片道12,990円 x 2 x 3人分 = 77,940円

f:id:tripmyself:20190114213133p:plain

以上より、先得割引を使うより、おともdeマイル割引を使った方が、約35,000円分も安く済むことになります。

新幹線料金との比較

次に、新幹線料金と比較してみます。

東京-広島間で新幹線を使った場合、EX早特21(指定席)の片道14,000円が最安のようで、2人分の料金は以下のようになります(6歳以下は無料)。

14,000円 x 4 = 56,000円

よって、新幹線の最安値より、おともdeマイル割引を使った方が、約13,000円分も安く済むことになります。

6歳以下は無料なので、3歳の娘の分を含めず上記料金とは、新幹線は高いですねえ。。

私のおともdeマイル活用方法を紹介

このように、JALのおともdeマイルを活用すると、本当に安く飛行機の国内線を利用することができます。

ここで、私のおともdeマイルの活用方法を具体的に紹介したいと思います。

私は関東から実家の広島に年2回、妻、娘とともに帰省します。そのときに、いずれもおともdeマイルを使って、航空チケットを入手しています。

年2回の帰省は、毎年必ず行うので、年間2万マイルを使いますが、私の場合は普段の生活での支払いをJALカード(CLUB-A)に集中させているので、年間3万マイル以上は貯められると思います。よって、毎年の2万マイルはタダ同然の感覚で使えるのです。

実家の帰省だけではマイルは消費しきれないので、ときどき沖縄や北海道などの国内旅行に出掛けて、マイルを使っています。このときも、当然おともdeマイルを活用しています。

定期的に2人以上で、国内線を利用する方におすすめ

このように、おともdeマイルを使うことで、タダ同然に毎年数万円の節約となるのです。毎年定期的に、2人以上で国内線を利用する方には、是非とも活用をおすすめしたい方法です!

マイルを貯めるには、ショッピングプレミアムに入った方がよい

マイルは普段の生活費をJALカードに集中させると、たくさん貯まると説明しましたが、ひとつ重要なのは、JALカードショッピングマイル・プレミアムに入ることです。これに入っていなかったら、200円で1マイルしか貯まりませんが、入会すると、マイルが2倍貯まり、100円で1マイル貯まるようになります。

年会費3,240円かかりますが、それ以上にマイルがたくさん貯まるので、大いに価値があると思います。JALカードを作る際は、是非ともショッピングプレミアムに入ることをおすすめします。

おともdeマイルによる予約方法

おともdeマイルで国内線を予約するには、以下のように行います。

1.JALのHPでログイン(JALマイレージバンクに登録しておく必要あります)

2.国内線で出発地、到着地、日付(行きと帰り)、人数を選択して、検索します。

f:id:tripmyself:20190119114417p:plain

3.おともdeマイル割引の列で乗りたい日付をクリック(行きと帰り両方)します。

例として、3/1 7:10発の羽田発広島行きの便を選択する場合、下の画像の黒丸をクリックします。

f:id:tripmyself:20190119113829p:plain

4.必要情報を入力し、料金支払い(支払い方法はクレジットカードのみ)を済ませます。

まとめ

私は定期的に家族で飛行機に乗ることがあるため、JALのおともdeマイル割引を活用しています。おともdeマイル割引が、どれくらいお得か解説し、私が具体的にどう活用しているかを紹介しました。

毎年定期的に、国内線を利用する機会がある方は、JALカードでマイルを貯め、おともdeマイルを是非とも活用しましょう!