Trip by myself

ツアーを使わず、すべて自分でアレンジ!普通のサラリーマンが行った、"格安な長期間旅行"(主にアジア圏)で見た景色や、旅行ノウハウを紹介!

歩いて行ける!プーケットのピピ島でおすすめな"ロングビーチ"

f:id:tripmyself:20171126030519j:plain

タイのプーケットにあるピピ島は、レオナルド・ディカプリオ主演の映画「ザ・ビーチ」で登場する島です。ピピ島は、ピピドン島と、ピピレイ島の2種類あり、映画の舞台になったのは、ピピレイ島の方です。

海がすごく綺麗なピピ島

私は、ピピ島に、2014/12/27~2014/12/29に、プーケット旅行の途中に立ち寄りました。私が行ったのは、ピピドン島の方です。

ザ・ビーチの舞台になった、ピピレイ島の方が海が綺麗という話もありますが、ピピドン島から高いツアー費を払って行く必要があったので、行きませんでした

ただ、ピピドン島のビーチでも、十分綺麗で、大満足でした。透明で真っ青な海は、私の感覚では、沖縄の宮古島と同等かそれ以上だと思いました。

人が多いトンサイベイのビーチ

ピピ島は、船で降り立つとすぐに繁華街のトンサイベイがあります。ここはすごくにぎやかで、飲食店、バー、土産物屋、ホテルなどが密集しています。これはこれでいいのですが、人が多すぎます!

このエリアにもビーチがあるが、以下のように、人だらけで、泳ぐ気になれません

f:id:tripmyself:20171126030514j:plain

ロングビーチは綺麗で人も少なくおすすめ!

そこで、ここから数km離れたところにある、ロングビーチがおすすめです。ロングビーチには、トンサイベイエリアからボートで行けますが、結構金をとられるので、我々は歩いて行きました。

トンサイベイエリアとロングビーチは、以下のようなルートで行きます(ざっくりですが・・)。

地球の歩き方にある、簡素な地図に従い、道なりに進むと、トンサイベイエリアから30分くらいで、たどり着きます。道中は、民家や林道のようなところを歩きます。

以下の写真のように、観光地とはかけ離れた道も歩くので、迷わないためにも、できれば地図とコンパスを持って行くとよいでしょう。

f:id:tripmyself:20171126030528j:plain

現地の人たちの生活空間も垣間見ることができます。

f:id:tripmyself:20171126030524j:plain

歩いて疲れたなあと感じ始めたころに、目の前に透明で綺麗な海が広がって、テンションが上がります!

f:id:tripmyself:20171126030510j:plain

写真のように、トンサイビーチよりも人がまばらで、思う存分泳げます。

f:id:tripmyself:20171126030620j:plain

私が行ったときは、本当天気が良く、真っ青な空と海が本当綺麗でした。ただ、日差しはかなり強かったので、帽子は必須です。また、パラソル席がとれない場合があるので、レジャーシートでも持っていくと良いでしょう。

f:id:tripmyself:20171126030612j:plain

下の写真のように、近くにはホテルらしきものあって、泊まれるようです。

f:id:tripmyself:20171126030616j:plain

存分に楽しんで、ここからまた30分歩いて、トンサイベイエリアにある宿まで戻りました。

まとめ

ピピ島のとても綺麗で、比較的静かなロングビーチを紹介しました。

ボートでも行けますが、トンサイベイから歩いて行くことをおすすめします。

 

以下に、私が行ったプーケット旅行についてまとめた記事をリンクします。

www.tripbymyself.com