Trip by myself

ツアーを使わず、すべて自分でアレンジ!普通のサラリーマンが行った、"格安旅行"(主にアジア圏)で見た景色や、旅行ノウハウを紹介!最近ハマりだしたキャンプの情報も紹介!

【沖縄】DINO恐竜パーク(御菓子御殿 名護店併設)へ行ってみた感想、恐竜がたくさん!

御菓子御殿名護店併設のDINO恐竜park(やんばる亜熱帯の森)とは?

DINO恐竜パークは、沖縄県にある御菓子御殿名護店に併設された、リアルな多くの恐竜の像がいるジャングル歩きを体験ができる、エンターテインメント施設です。お菓子屋さんに恐竜を楽しめる施設があるなんて不思議ですが、本当にお菓子屋の建物に隣接しています。

御菓子御殿は、沖縄土産で人気お菓子の紅芋タルトをメインに販売する土産物屋で、現在沖縄に8店舗あります。名護店以外の店舗では、紅芋タルトの工場見学、紅芋タルト作り体験ができたり、沖縄料理のレストランを併設するなど、お菓子販売以外にプラスして観光も楽しめるような施設作りをしているようです。

下の写真は、御菓子御殿 名護店ですが、その隣に2枚目の写真ようにDINO恐竜パークが併設されています。

御菓子御殿の中は、紅芋タルトを始め、ちんすこうな有名どころのお菓子も売っているし、食べ物以外の沖縄土産も売っています。店内は広々としており、トイレもあるので、ゆっくりとお土産選びをできます。

あと、沖縄歴史民俗資料館が土産物屋とつながっており、有料(大人500円、小人300円)ですが、琉球史上で有名な歴代王や人物などの人形、古民具や焼き物を鑑賞できます。

沖縄旅行の際にDINO恐竜parkへ行った

私は家族3人で沖縄旅行をしましたが、その時6歳の娘に楽しんでもらおうと思い、2022年7月28日にDINO恐竜パークへ行ってみました。午前中にフクギ並木や美ら海水族館のところにあるオキちゃん劇場などの観光をし、午後に訪れました。

DINO恐竜park(御菓子御殿 名護店)はどこにある?

DINO恐竜パークは、御菓子御殿 名護店のそばにあります。地図上では以下の印をつけた場所に位置します。

御菓子御殿 名護店は、高速道路の沖縄自動車道 許田ICから約13km/約20分のところに位置します。美ら海水族館からも、同じく約13km/約20分とそんなに遠くないので、名護・本部エリアを拠点として観光するなら訪れやすいでしょう。また、DINO恐竜パークの近くの観光スポットは、OKINAWAフルーツらんどやパイナップルパーク、ネオパークオキナワなどもあり、合わせて訪れても良いでしょう。

DINO恐竜parkの情報

DINO恐竜パークの開園時間や料金、所要時間は以下の通りです。

  • 開園時間 9:00~18:00(最終入園17:30)
  • 大人(16歳以上) 1000円
  • 小人(4歳~15歳) 600円
  • 所要時間 30分~40分程度

入園チケットの割引情報ですが、私が確認したときは、アソビュー、トクトククーポン、HISクーポンなどのサイトで、大人と子供両方ともそれぞれ100円割引となるクーポンをみつけることができました。

私は、じゃらんの遊び・体験クーポンで予約しました。じゃらんであればクーポン割引を使える場合あるし、じゃらんポイントを保有している場合に、お得にチケット購入ができます。

DINO恐竜PARKの様子

DINO恐竜パークの園内は、まさに恐竜がいそうなジャングルの雰囲気です。下の写真は、入園してすぐのところから撮った写真ですが、鬱蒼とした森にヤシの木が生え、なんとも雰囲気があります。沖縄だからこそこんな雰囲気を出せるのでしょう。

下の写真のような小道を歩いて行きます。私が行ったときは、雨上がりだったので、木々が濡れており、余計恐竜が出そうな雰囲気を盛り立てていました。いつ恐竜が出てくるのか、ドキドキさせられました。

スタートからゴールまでの距離自体はそんなに長くはなく、感覚的には1km~1.5km程度でしょうか。恐竜をゆっくり見て回り、所要時間は30~40分くらいでしょう。

まさにジャングルを思わされる植物がたくさん生えています。わざわざ植えたのでしょうかね。

出ました!恐竜です(下の写真)。周囲の景色に溶け込み、作りが非常にリアルです。恐竜は全部で80体以上あるとのことですが、どれも精巧に作られています。

また、近くに寄ると、大きな声で鳴き声を発してびっくりさせられます。体の一部が動く恐竜までいます。

気分はまさに映画のジュラシックパークで、6歳の娘も恐竜を見て大喜びでした。

下の写真のように、恐竜の卵から子供が生まれてくる様子まで再現しており、芸が細かいです。

下の写真のように、倒れている恐竜までいました。。近寄るのが恐いです。。

なぜか、小さい池に、ミニサイズの恐竜もいました。

園内は恐竜だけでなく、下の写真のような、珍しい植物も見どころです。派手な南国植物が点在しており、それがまた雰囲気あって良かったです。

子供は大喜び

DINO恐竜パークで6歳の娘は大喜びでした。やはりこの年頃にとっては、恐竜は魅力的なのでしょう。

恐竜の見た目もリアルで、声が出て、種類が多かったのも良かったと思います。

コースを歩き終えたところに、恐竜のすべり台や乗り物(有料200円)がありました。娘は楽しそうに乗り物に乗っていました。

恐竜グッズのショップもある

コースが終わったところで、恐竜グッズのショップに誘導されるようになっています。ショップの前には、上の写真の恐竜の乗り物があります。

ここはかなり本格的な恐竜グッズが売っており、高額なものもありました。その場で読める絵本も置いてあり、動画も見たりできたので、まったりしてしまい、1時間くらいここで過ごしてしまいました。。

ショップ店内には、下の写真のような、キッチンで恐竜が大暴れしている様子が再現されており、見ごたえありました。初代のジュラシックパーク映画で、キッチンが荒らされた場面がありましたが、それを再現したのでしょう。

まとめ

沖縄の御菓子御殿 名護店に併設されている、DINO恐竜パークへ行ったので、その様子や感想を紹介しました。

恐竜の見た目だけでなく、動きや鳴き声までリアルに再現しており、子供だけでなく大人まで楽しめる施設だと思います。家族連れで本部・名護エリアを旅行する際は、是非とも訪れたい観光スポットでおすすめです。