Trip by myself

ツアーを使わず、すべて自分でアレンジ!普通のサラリーマンが行った、"格安な長期間旅行"(主にアジア圏)で見た景色や、旅行ノウハウを紹介!

【ラオス】ルアンパバーンの食事と値段を紹介、ただし下痢が頻発!

f:id:tripmyself:20180504165154j:plain

ルアンパバーンでの食事

私は2013年の年末に、ラオスの古都ルアンパバーンを旅行しました。この記事では、ルアンパバーンで食べた料理や値段を紹介したいと思います。

ルアンパバーンで食べられる料理は、私の感覚では、タイ、ベトナムと同じような料理であるという印象を受けています。

ベトナムではフランスパンに野菜を挟んでサンドイッチのようにして食べる、バインミーが盛んですが、それはラオスにもありました。

朝は麺料理の屋台が至る所に出ますが、それもタイ、ベトナムでも定番です。

やはり隣接する国同士で、料理の文化も似たようになっていくのでしょう。

下痢が頻発

ただし、ルアンパバーンでの食事が、タイやベトナムと異なっていたことがあります。

それは、ルアンパバーンの料理を食べると、下痢が頻発することです!

以前タイやベトナムに何度か行って、ルアンパバーンで食べたものと同じような食事をとったのですが、その時は全く下痢にはなりませんでした。なぜかルアンパバーンは、滞在中ほぼ毎日下痢に悩まされました。

しかも厄介なことに、下痢は少し時間をおいて発症するので、何が原因か特定できないのです。

ただ、後で考えた時に怪しいと感じたのは、バインミーに入っている生の野菜でした。野菜を現地の水道水で洗ったとすると、それに菌が混じっていたのではないかと考えています。真相は分かりませんが・・。

ルアンパバーンで食べた料理と値段を紹介

ルアンパバーンで食べた料理と値段を、以下に紹介します。

私は基本的にローカル食堂や屋台でしか食事をしていないし、ラオスの物価はそこそこ安いので、食費は安くできたと思います。

私がルアンパバーンへ行ったのは2013年末ですが、記事中のkipから円への換算は、2018/4現在のレート1円≒77.1kipで計算しています。

食べ放題(夕食)

ナイトマーケットが開かれるメインストリートから路地に入ったところに屋台街があり、そこに食べ放題の店がありました。これは!と思い、ここで食べることにしました。値段も日本円で100円程度とかなり安かったです。

ナイトマーケットの屋台街なので、普通に欧米人観光客も利用していました。

1人10,000kip≒129円

f:id:tripmyself:20180504161108j:plain

下の写真のように、選ぶのに困るくらい色んな種類のおかずがあります。 派手な色合いで食欲をそそります。

f:id:tripmyself:20180504161121j:plain

野菜料理だけでなく、肉料理や果物もありました。

f:id:tripmyself:20180504161217j:plain

ただ、味の方は正直微妙でした。まあ、お腹いっぱい食べれたので良かったです。

ただ、ここで食事し、1日後くらいに下痢が発生しました。これが原因かは定かでありません。値段が安い食べ放題なだけに、もしかしたら悪い衛生状態で調理したものかもしれません。。

2.麺料理と炒め物(夕食)

下の2つの料理は、妻と2人でそれぞれ頼んだある日の夕食です。素朴な麺料理と炒め物です。こういう感じの健康そうな料理が食べられるのはありがたかったです。

2人で30,000kip≒389円

f:id:tripmyself:20180504160835j:plain

f:id:tripmyself:20180504161657j:plain

3.バインミー

バインミーはベトナムが本場だと思いますが、ラオスにもありました。私はサンドイッチ大好きなので、バインミーは、旅行中ほぼ毎日食べていました。

下の写真のように、バインミーの屋台が至る所にあり、それぞれ中身の具も違うので、いろんなところで食べたくなってしまうのです。

10,000kip≒129円

f:id:tripmyself:20180504162134j:plain

f:id:tripmyself:20180504162145j:plain

下の写真のように、バインミーを食べやすいよう、お皿に切ってくれる店もありました。

ただ、ルアンパバーンのメインストリートあたりは、観光客向け価格で高かったです。

15,000kip≒194円

f:id:tripmyself:20180504162238j:plain

何度も食べたバインミーですが、上の写真のように、生野菜をふんだんに使っています。店の人はこの野菜をラオスの水で洗うと思いますが、ひょっとしたら、それが私の下痢の発症元となったのではないかと疑っています。。

4.おかゆ

ルアンパバーンの朝は、麺やおかゆの屋台が出ており、そこで朝食を食べました。私は麺ばかり食べましたが、妻は下痢で調子悪いとのことで、おかゆばかり食べていました。

7,500kip≒97円

f:id:tripmyself:20180504160823j:plain

下の写真もおかゆです。上にのっかている茶色い具は、なんだったかなあ。。

12,500kip≒162円

f:id:tripmyself:20180504160900j:plain

5.麺料理

こちらは麺料理です。あっさりして、普通にうまかったです。

15,000kip≒194円

f:id:tripmyself:20180504160851j:plain

ムアンゴイで食べた料理を紹介

ルアンパバーンから少し足を延ばして、船でしか行けない秘境のムアンゴイという町へ行ってきました。本当にド田舎なのですが、かろうじて1軒だけ見つけた食堂で、滞在中食事していました。

素朴な料理ですが、観光客向けで料金高めでした。

2人で45,000kip≒583円

f:id:tripmyself:20180504164443j:plain

f:id:tripmyself:20180504164456j:plain

下の写真は、中に肉がたくさん入った見事なバインミーと、妻が食べたバナナパンケーキです。この豪華なバインミーは美味かったです。

2人で35,000kip≒453円

f:id:tripmyself:20180504161449j:plain

f:id:tripmyself:20180504161504j:plain

まとめ

私がラオス・ルアンパバーンで食べた、いくつかの料理と値段を紹介しました。

素朴な料理が多いと感じましたが、下痢に悩まされたのは残念です。ただ、下痢に悩まされながらも、滞在中ほぼ毎日、大好きなバインミーを食べ続けることができたので、満足です。

 

以下に、私が行った、12泊13日のルアンパバーン旅行についてまとめた記事のリンクを貼っておきますのでご参照ください。

www.tripbymyself.com