Trip by myself

ツアーを使わず、すべて自分でアレンジ!普通のサラリーマンが行った、"格安な長期間旅行"(主にアジア圏)で見た景色や、旅行ノウハウを紹介!

【ラオス観光】ルアンパバーン12泊13日旅行まとめ

f:id:tripmyself:20180422120104j:plain

2013年の年末年始に、東南アジアにあるラオスのルアンパバーンを旅行しました。ルアンパバーンはラオスの古都で、世界遺産にも登録されている美しい街です。

ルアンパバーンは、ラオス北部にあり、以下の地図で示す場所に位置します。山間に位置していますが、空港があるので、飛行機でアクセスすることができます。

私が行ったルアンパバーン旅行概要を以下にまとめたいと思います。

同行者

ルアンパバーンは、京都のような古い町並みが綺麗なところなので、夫婦で行くには最適な観光地でした。

私も含め、妻は下痢に何度も悩まされましたが、それでも旅行全体では大満足だったようです。

旅行期間

2013年12月25日~2014年1月6日(12泊13日) 

年末に有休をつけることで、2週間近くも長い期間旅行することができました。

ただ、ルアンパバーンは小さいな町だったので、観光のための時間は十分すぎるくらいあり、かなりのんびりした旅行となりました。旅行期間は、あと2日くらいは短くても良かったかもしれません。。

まわったところ

1日目:自宅成田空港(→飛行機)→ハノイ

2日目:ハノイ(→飛行機)→ルアンパバーン

3日目:ルアンパバーン散策

4日目:ルアンパバーン散策、タート・クアンシーの滝ツアー

5日目:ルアンパバーンノーンキヤウ

6日目:ノーンキヤウムアンゴイ

7日目:ムアンゴイ散策

8日目:ムアンゴイルアンパバーン

9日目:ルアンパバーン散策

10日目:ルアンパバーン散策

11日目:ルアンパバーン散策

12日目:ルアンパバーン→(飛行機)→ハノイ空港で乗継待ち

13日目:ハノイ空港→(飛行機)→成田空港自宅

ほとんどの日程、ルアンパバーンを散策して過ごしました。何度同じ景色を見ても綺麗だし、町並みはどこを切り取っても絵になる風景でした。ただ、さすがに旅行終盤ではもういいかな、という感じになりましたが。。

f:id:tripmyself:20180422120041j:plain

他の観光地にも行けば良かったのですが、ルアンパバーンから近くて、行きたいと思えるスポットが"ムアンゴイ"くらいしかありませんでした。旅行期間は、もう少し短くても良かったかもしれません。。

日本からルアンパバーンへの飛行機の直行便はないので、ハノイで乗継をしました。行きは、ハノイ・ノイバイ空港から市街地まで出て、ホテルに宿泊しました。帰りは、空港で4時間待ちでした。。乗継時間は長いですが、航空券は安く済ませることができた(往復で1人39,200円)ので良かったです。

f:id:tripmyself:20180422120301j:plain

かかった費用

かかった費用は、航空券代、交通費、宿泊費、食費全て合わせて、133,405円(2人分)でした。内訳は、以下の通りです。食費などは、当時の為替レート1円=76KIP(ちなみに2018/4時点では、1円=77KIP)で計算しています。

  • 航空費(ベトナム航空):39,200円 x 2 = 78,400円
  • 宿泊費(11泊):20,280円
  • 食費、土産、温泉、その他(2人分):約30,000円
  • 成田空港の駐車場代:4,725円

ルアンパバーンは、日本から行くにはベトナム・ハノイとかで乗継が必要となるので、航空費が余計高くなりやすいですが、ベトナム航空を使うと結構安かったので良かったです。

宿泊費は海外ホテル予約サイトのagodaを使って事前に予約したのですが、手数料含めても1泊2,000円程度と安く泊まれることができました。

また、現地の食費は、普通の食堂で食べて1食200円程度と安かったので助かりました。

例えば、下の写真の麺料理は100円です。

f:id:tripmyself:20180422120452j:plain

旅行全体のまとめ

日本に住んでいると、ラオスの情報とか触れる機会はなく、どんな国か想像もつかなかったのですが、タイと同様の文化を持ち、タイをより素朴にしたような雰囲気を持つ国でした。

ルアンパバーン自体は観光地で多くの観光客がいますが、その中でも、素朴なラオス人とその文化に触れることができ、楽しかったです。

f:id:tripmyself:20180422120744j:plain