Trip by myself

ツアーを使わず、すべて自分でアレンジ!普通のサラリーマンが行った、"格安旅行"(主にアジア圏)で見た景色や、旅行ノウハウを紹介!最近ハマりだしたキャンプの情報も紹介!

中国語を話せない人が高速鉄道に予約なしで乗る方法を解説

f:id:tripmyself:20200118180246j:plain

中国の高速鉄道とは?

中国の高速鉄道は、時速300km以上で走る列車で、日本でいうところの新幹線です。

中国には、高速鉄道でない普通の鉄道もありますが、それとは別に、高速鉄道専用の路線を開通させていっています。2007年に開通して以来、採算度外視で中国の広範囲にわたって路線の建設を進めているのです。

また、駅も、普通の鉄道駅とは別に、高速鉄道専用の駅が開設されています。ただし、後で作ったものなので、街の中心部からは離れた場所にあることが多く、地下鉄やバスを使って、少し遠くへアクセスする必要があります。

高速鉄道はネット予約して乗るのが安心

高速鉄道のチケットは、駅で直接購入する方法と、事前にネットで予約して駅で受け取る方法の2つがあります。

駅で直接購入する場合、せっかく時間かけて駅まで行っても、乗りたい列車が満席で乗れないという事態が考えられます。しかしネットで予約して駅で受け取る場合は、事前に席は確保できているため、安心して高速鉄道駅へ向かうことができます。

高速鉄道のネット予約は、Trip.comというサイトで行えます。日本人でも利用可能で、日本で発行したクレジットカードで決済可能です。出発直前の予約も可能で、私の場合、武漢のホテルで2時間前に予約&購入手続きし、武漢駅で鉄道に乗ることができました。Trip.comの公式サイトによると、35分前までオンライン予約可能とのことです。

初めてTrip.comで予約して高速鉄道を利用するときは、本当に問題なくチケット発行されるか不安でしたが、駅の窓口で時刻、行き先、座席の種類、列車番号を記載したメモを見せて、無事にチケット受け取れました。それを体験すると、高速鉄道のネット予約の便利さに感動しました。

f:id:tripmyself:20200126152433j:plain

混雑していない路線だと予約なしでも乗れる

高速鉄道をネット予約して乗車するのは非常に便利なのですが、手数料が1チケットにつき300円程度かかってしまいます。何度も列車に乗るとなると、結構金額がかさんでしまいます。高速鉄道の事前予約は、混雑した路線では非常に有効ですが、混雑していない路線では予約の必要はありません。

そこでこの記事では、予約なしで高速鉄道に乗る方法を紹介したいと思います。また、路線の混雑状況を確認する方法も解説したいと思います。(高速鉄道のネット予約の方法は、Trip.comのこちらのページを参考にしてください。)

予約なしで高速鉄道のチケットを買うには、敷居が高いと感じるかもしれませんが、中国語が話せない私も、スムーズに入手できました。

f:id:tripmyself:20200118180611j:plain

中国語を話せない人が高速鉄道に予約なしで乗る方法

中国語が話せない人が、高速鉄道に予約なしで乗る方法を以下に解説します。

1.出発直前にTrip.comで空席を確認

まずは、出発直前に乗りたい列車の空席状況を確認します。空席状況は、Trip.comのウェブページで確認できます。

例えば、上海から北京へ向かう列車を検索(グーグルで、"上海 北京 列車"と検索すると、Trip.comへのリンク先が表示される)してみると、下の画像のように、"売り切れ"や残りの座席数をリアルタイムに確認可能なのです。

f:id:tripmyself:20200126130516p:plain

駅へ向かうための出発直前に、ネットで空席を確認して出発すればよいのです。

もしこのとき、空席が少ないと感じたら、チケットをそのままTrip.comで買ってしまえばよいでしょう。

2.高速鉄道駅へ向かう

そして、高速鉄道駅へ向かいます。

駅へ行くには、都市部だと地下鉄、地方都市だとバスでアクセスします。

都市部の高速鉄道駅は混むため、出発の1時間前に着くようにしましょう。地方の駅だと30分前までに駅へ着いておけば良いと思います。

3.チケット売り場でメモを見せる

f:id:tripmyself:20200126134801j:plain

駅に着いたら、チケット売り場で、以下の情報を記載したメモを見せます。

  • 行き先
  • 座席の種類(商務座、一等、二等)
  • 人数
  • 窓側(靠窗户)か通路側(靠走道)かの指定
  • 発車時刻

出発時刻については、もし満席だったときのことを考慮し、次の列車の時刻をTrip.comで確認し、メモしておくとよいでしょう。もし、チケット売り場のスタッフに"メイヨー"(もうないよ)と言われた場合、代替案として次の出発時刻を提示しましょう。

私が中国の黄山北駅にて、予約なしで高速鉄道に乗ったときに提示したメモを、以下に示します。このとき、売り場のおばちゃんとは一言も会話せずに、チケットを購入できました。

書いてある内容は、行き先が杭州東、2等席、1人、通路側("靠过道"と書きましたが、"靠走道"の方が正しいかも・・)、9:32発の列車というものです。

f:id:tripmyself:20200126145828j:plain

4.チケット受け取って待合室へ向かう

チケットを受け取ったら、待合室で、プラットフォームへの入場許可が出る(電光掲示板に"正在登機"などと表示されます)まで待ちます。列車が出発する10分くらい前に入場可能となります。

f:id:tripmyself:20200118180419j:plain

5.列車に乗る

電光掲示板で入場可能("正在登機")と表示されたら、プラットフォームの番号を確認して乗り場へ向かいます。

プラットフォームで、自分の座席がある車両番号(チケットに記載)があるところへ向かいます。出発まであまり時間がないので、すばやく探しましょう。最悪、列車に乗った後、車内で歩いて車両間の移動が可能です。

私が高速鉄道に乗ったときの様子

私が高速鉄道(黄山北から杭州東)に乗ったときの様子を紹介したいと思います。

2019年の年末年始に武漢から杭州までを旅行した際、3つの区間で高速鉄道を利用しました。利用したのは、武漢~景徳鎮北、景徳鎮北~黄山北、黄山北~杭州です。当初、長距離バスで移動しようと思っていたのですが、武漢のバスターミナルへ行くと、バスはないから高速鉄道駅へ行けと言われ、高速鉄道で行くことにしました。どうやら、長距離の主要交通機関は、バスから高速鉄道にとって代わっているのかもしれません。

そうして初めて武漢から高速鉄道を利用したのですが、その快適さに味を占めて、他の区間でも利用することにしました。お金がもったいないので、2等の席しか利用していませんが。。

下の写真は、黄山北の高速鉄道駅で購入したチケットです。

f:id:tripmyself:20200118180533j:plain

チケットを買った後、待合室へ向かいました。待合室は下の写真のように広々としており、コンビニやお土産物屋がいくつかあります。

f:id:tripmyself:20200126134552j:plain

下の写真は待合室にある電光掲示板で、列車の出発時刻近くになると、表示が変わり、ゲートでチケットを見せてプラットフォームへ入場します。

f:id:tripmyself:20200126134559j:plain

下の写真は、プラットフォームへ向かうための通路です。高速鉄道駅はまだできて数年しか経っていないため、駅構内はピカピカでした。

f:id:tripmyself:20200118180350j:plain

下の写真は、私が乗った列車です。この日は、朝乗ったのですが、車内はがらがらでした。冬の時期でしかも平日なので、利用者は少なかったのかもしれません。

f:id:tripmyself:20200118180341j:plain

f:id:tripmyself:20200118180444j:plain

f:id:tripmyself:20200126134516j:plain

2等席ですが、快適に移動できました。他の中国人客のマナーは良く、静かに座っていました。8年くらい前に普通の鉄道に乗ったときは、食べかすをそこらへんに撒き散らしていましたが、中国人もずいぶんマナー向上したのだと感じられました。

これまで中国旅行の移動で、長距離バスばかり利用していた私には、高速鉄道の快適さは抜群でした。料金も、2等席だと長距離バスの2割増し程度で済みます。中国の高速鉄道は利用価値大だと思います。

まとめ

中国の高速鉄道について、中国語が話せなくても、予約なしでチケットを買って乗車する方法を解説しました。

中国の高速鉄道は安くて快適な移動手段で、旅行・出張時の移動の際は是非とも活用すべきだと思います。

高速鉄道利用時、乗りたい列車が混んでいないことが分かっている場合、ネット予約が面倒な場合、予約手数料300円をケチりたい場合は、駅の窓口でメモを見せるだけで、あっさりチケット購入できてしまいます。中国語を話せない方で、何度も高速鉄道を利用したという方に、是非おすすめしたい方法です。

 

私が行った、武漢、景徳鎮、黄山、杭州の8泊9日旅行の概要を下記の記事にまとめてあるのでご参照ください。

www.tripbymyself.com