Trip by myself

ツアーを使わず、すべて自分でアレンジ!普通のサラリーマンが行った、"格安旅行"(主にアジア圏)で見た景色や、旅行ノウハウを紹介!最近ハマりだしたキャンプの情報も紹介!

石垣島のやいま村を観光したので様子を紹介、最大の見どころはリスザル!

f:id:tripmyself:20181111202046j:plain

石垣やいま村とは?

石垣やいま村は、石垣島にあるテーマパークです。

沖縄の伝統的な赤瓦の家屋がいくつも建つ園内で、伝統音楽やシーサー作りなど、石垣島の歴史や文化に触れることができる施設となっています。

また、周囲に名蔵アンパルというマングローブ林があって、散策して石垣島独特の自然を見て楽しめます。

そして、一番の見どころといえるかもしれないのは、リスザルです。石垣島の熱帯気候を生かして、リスザルを飼育しており、かわいい小動物のリスザルを実際に見て触って楽しめるのです。

f:id:tripmyself:20181111201709j:plain

2歳の子連れで石垣やいま村へ行ってみた

私は2018年9月下旬に、妻と2歳の娘とともに石垣島を旅行した際、石垣やいま村を観光しました。2歳の娘にとって石垣島の美しい海や自然風景はあまり感動していなかったのですが、やいま村では楽しそうにはしゃいでいました。

この記事では、石垣やいま村の様子や行ってみた感想を紹介したいと思います。

石垣やいま村のアクセス

やいま村は下の地図で印をつけた、石垣島西部に位置します。施設のすぐ近くに、広大な干潟とマングローブ林がある名蔵アンパルがあります。

やいま村は市街地から離れているので、車でアクセスするのがよいですが、バスでアクセスすることもできます。石垣市街地にあるバスターミナルやフェリーターミナルを経由する川平リゾート線(1日6~8便、所要時間約30分)に乗って、行けます。

石垣やいま村の入場料は?

やいま村の入場料は、大人(中学生以上)1,000円、子供(3歳以上小学生)500円です。

ただ、ネットで調べてみると、割引情報が結構あります。スマホにサイトの画面を見せるだけで割引にできるので、行く場合は是非とも活用すべきでしょう。私もスマホの画面を見せることで、妻と2人で200円分の割引を受けることができました。割引チケットのサイトは、ヤフーやグーグルで、"やいま村 割引"と検索すると、いくつか出てくるので、行く前に確認するとよいでしょう。

石垣やいま村の様子

下の画像は、やいま村の園内に掲示していたマップです。園内は、いくつかの沖縄の伝統的な家屋が並び、中を見学したり、体験できるようになっています。また、端の方にマングローブ林があって、自然にも触れられるようになっています。そして、海を望むことができる展望台もあります。

f:id:tripmyself:20181111201924j:plain

以下に、やいま村の中で、我が家が巡ったところを紹介したいと思います。

伝統的な家屋を見て、中にも入れる

やいま村では、下の写真のように沖縄の伝統的な赤瓦の家屋がいくつか建っており、それぞれの家屋で異なった特徴を持った展示や体験コーナーがあります。これらの建物は、石垣島で実際に人が住んでいた家屋をやいま村の中へ移設したとのことです。運ぶのはなかなか大変だったのではないでしょうか・・。

f:id:tripmyself:20181111201741j:plain

下の写真の家屋は、中に入って自由に見学できるようになっていました。昔の人がちゃんと生活していたと、実感させられる雰囲気がありました。

f:id:tripmyself:20181111201759j:plain

沖縄の伝統芸能に触れられる

ある家屋では、沖縄の伝統的な音楽を披露をしてくれます。1日に3回の公演がありますが、それ以外の時間に行っても、おじいとおばあが待機しており、楽しくお話ししてくれます。

f:id:tripmyself:20181111201908j:plain

公演では、カスタネットみたいな楽器を貸してくれ、観光客も一緒になって楽しむことができました。下の写真のおじいとおばあはみんな70歳以上の高齢な方たちで、本当元気です!

f:id:tripmyself:20181111201828j:plain

下の写真のように、お面をかぶらせてくれたり、太鼓をたたかせてくれたりします。なにより、おじいとおばあが本当にお喋りで、楽しませてくれたのが良かったです。

f:id:tripmyself:20181111201819j:plain

沖縄独自の文化の体験もできる

他の家屋では、琉球衣装を着たり、シーサー作り、島ぞうりアートの体験をすることができます。2歳の娘はシーサー作りをやりたいと言っていましたが、まだ早いだろうと思い、やりませんでした。。

f:id:tripmyself:20181111201950j:plain

写真で紹介していませんが、他にもマングローブ林や展望台もあって、様々な楽しみ方ができるように工夫が凝らされています。

リスザルは最大の見どころ

色んな楽しみ方があるやいま村ですが、最大の見どころは、リスザルでしょう。リスザルは、主に中南米の森林に生息しているらしいですが、石垣島の亜熱帯気候でも生育できるとのことです。

見た目やしぐさはかわいいですが、人の持ち物を瞬時に盗もうとする、ずるさをあわせ持つ動物です。やいま村では、下の写真のように、金網でしっかり管理しています。見物客は、持ち物を取られないようにするため、金網の中にある置き場に、荷物を預けられるようになっています。

f:id:tripmyself:20181111202030j:plain

見た目としぐさが本当にかわいいです。餌をみつけたら、かなりのスピードで取りに行きます。

f:id:tripmyself:20181111202203j:plain

f:id:tripmyself:20181111202214j:plain

娘は大喜び

リスざるの可愛さに娘も大喜びでした。餌をあげるのに夢中でした。

ちなみに餌はこの敷地内にて、ガチャポン形式で売っています(200円)が、しばらくして売り切れていました。同時に、最初はリスザルも餌に食いついていたのですが、だんだんと餌に反応しなくなりました。どうやら、お腹いっぱいになったようです。。f:id:tripmyself:20181111202014j:plain

物を取られないように注意が必要

リスザルは人間の持ち物に興味深々です。 私の妻は、かばんのチャックを開けられて、中に入っていた小袋を取られてしまいました・・。チャックを開ける技術まで持っているなんてすごいです。。

f:id:tripmyself:20181111202237j:plain

土産物売り場、レストランもある

やいま村には、土産物売り場とレストランもあります。

レストランで、ゴーヤチャンプルー定食と、やいまそばを食べました。

f:id:tripmyself:20181111202351j:plain

f:id:tripmyself:20181111202410j:plain

まとめ

石垣島にあるやいま村の様子や魅力を紹介しました。

石垣島は海や自然景勝地が主な観光地で、小さな子供は少し退屈するかもしれませんが、やいま村は石垣島唯一のテーマパークで子供も大いに楽しめるでしょう。石垣島の歴史や文化を知ることができるので、大人も楽しめます。

石垣島へ行ったら、一度は訪れるべきスポットで、おすすめです。

 

私が行った5泊6日石垣島旅行について、以下の記事にまとめています。ご参照ください。

www.tripbymyself.com