Trip by myself

ツアーを使わず、すべて自分でアレンジ!普通のサラリーマンが行った、"格安旅行"(主にアジア圏)で見た景色や、旅行ノウハウを紹介!最近ハマりだしたキャンプの情報も紹介!

【中国・雲南省】香格里拉(シャングリラ)独克宗古城は、美しい建築と景色でおすすめ!

f:id:tripmyself:20190113121409j:plain

香格里拉(シャングリラ)とは?

香格里拉(シャングリラ)は、中国南西部にある雲南省に位置する、チベット族自治州の市です。標高3,276mの高地にあり、チベット族が多く暮らす町です。

ここは元々、中甸県という名前だったのですが、自ら"香格里拉(シャングリラ)という地名に改名しています。香格里拉というのは、"理想郷"という意味を持ちますが、自分たちの町を理想郷という意味の地名に変えたというのは、よほど自信あってのことでしょう。

9年前に行ったが、2018年12月にまた香格里拉へ行った

そんな図々しい香格里拉ですが、私はその魅力にすっかりはまってしまっています。

9年前の2009年6月に、香格里拉を旅行したのですが、今回再び、2018年12月25日から27日までの2泊3日で滞在しました。

2009年に行った時の記事は、以下にまとめています。香格里拉へのアクセス方法も書いています。

www.tripbymyself.com

2009年の時は夏に行ったのですが、今回は冬の12月に行きました。青々とした夏の風景も良かったのですが、空が真っ青に晴れ、周囲の雪山が見える冬の風景もかなり良かったです。

今回の記事では、香格里拉の中でも、独克宗古城の美しい風景を中心に紹介したいと思います。

歩くだけで楽しい独克宗古城、3つの見るべき風景

独克宗古城は、チベット建築様式の土産物屋やレストランが立ち並ぶエリアで、観光客が非常に滞在しやすいところです。2014年に火事があって、多くの建物が焼けたのですが、2016年に復興したそうです。確かに、今回行ってみて、2009年に見た光景よりもさらに美しくなったなあと感じました。

特に美しいた感じた点をまとめると、以下の3つとなります。

1.美しい建築様式の街並み

独克宗古城の街並みは本当に綺麗です。

中国とチベットの建築様式が混ざったと思われる建物に、丁寧に彫られたと思われる彫刻の飾りが目を引きます。派手な作りですが、素朴さも感じられる、なんとも言えない雰囲気を醸し出しています。日本の家屋にも似ていますが、それと違って中国とチベットらしい建築様式が色濃く、なかなか日本で見られない光景だと感じました。

f:id:tripmyself:20190107233923j:plain

f:id:tripmyself:20190107233643j:plain

f:id:tripmyself:20190107233703j:plain

特に夜景が素晴らしい

特に夜は、建物がライトアップされ、素晴らしい景観が見られます。観光客向けに作られているとはいえ、かなりのセンスを感じます。

f:id:tripmyself:20190107233411j:plain

f:id:tripmyself:20190107233425j:plain

四方街という広場では、地元の人と観光客が楽しそうに踊って、楽しそうな雰囲気です。

f:id:tripmyself:20190107233344j:plain

日本人は全くいる気配ありませんでしたが、是非ともこの景観と雰囲気を味わってほしいと感じました。

f:id:tripmyself:20190107233451j:plain

2.チベット寺院(亀山公園と中心鎮古堂)

次に、独克宗古城で見るべき風景は、美しいチベット寺院です。

香格里拉では、松賛林寺という大きなチベット寺院が有名ですが、独克宗古城でも見ることができます。古城内に、亀山公園というエリアがあって、小高い丘に巨大なマニ車や寺院が建っているのです。

下の写真が、亀山公園前の広場とそこから見える、巨大マニ車と寺院です。ここは観光客も多い場所で、広場ではチベットの衣装を着て写真撮影できるようになっています。客引きのおばちゃんに声かけられます。

f:id:tripmyself:20190113111036j:plain

階段を上ると、巨大マニ車を間近に見ることができます。マニ車は回せるようになっていますが、一人じゃ無理なので、何人かが共同でようやく回せます。

f:id:tripmyself:20190107234525j:plain

小高い丘になっているので、下の写真のように、チベット寺院と古城の風景を見下ろすことができます。

f:id:tripmyself:20190107234601j:plain

亀山公園内には中心鎮古堂という、寺院もあります。ここは博物館になっており、この地域の歴史がわかるようになっています(入場無料)。

私も展示を見ました。英語の説明がありますが、ざっと見てまわっただけなので、よく理解できませんでした・・。紅軍がどういうふうにこの地域を制圧していったのか、という展示だったように思います。

f:id:tripmyself:20190107234416j:plain

3.小高い山(百鶏寺)から見える、街と山の風景

上で紹介した亀山公園は小高い丘でしたが、独克宗古城内にはもっと高い、小高い山に百鶏寺という寺院があります。そこから見た街の景色と寺院の風景が素晴らしかったので、おすすめしたいと思います。

百鶏寺は、独克宗古城の西のほうにあり、下に示す百度地図スクリーンショットで青色の印の場所にあります。

f:id:tripmyself:20190113111711p:plain

百鶏寺への上り口は、古城内を西の方へ歩いていくと、左側に下の写真に示すような看板("百"が"白"に見えますが・・)を示す小道があるので、そこを登って行きます。

f:id:tripmyself:20190107234939j:plain

私は朝10時くらいに行ったのですが、多くの地元民の方が登っていました。その人達についていけばいいと思います。道中、線香を売っている小さな店もあったりします。

f:id:tripmyself:20190107234658j:plain

10~15分くらい登ると、下の写真のような、東屋が見えてきます。ここはまだ途中で、本堂はさらに先にあります。

このへんから香格里拉の街を見下ろす風景が素晴らしいです。

f:id:tripmyself:20190107234714j:plain

下の写真のように、立派な展望台がいくつかあるので、登ってみると素晴らしい景色を見ることができます。この展望台は私も登ってみたのですが、一人分しか登るスペースがないし、なんとなく高度感があって少し怖かったです・・。登らなくても十分いい眺めなので問題ないでしょう。

f:id:tripmyself:20190107234917j:plain

本堂は、以下のような小ぶりのチベット寺院です。

f:id:tripmyself:20190107234753j:plain

山の上から古城を見下ろす風景は絶景です!私が行ったのは冬だったので天気が良く、遠くに雪山が見え、なんとも良い雰囲気を醸し出していました。

f:id:tripmyself:20190107234839j:plain

f:id:tripmyself:20190107234736j:plain

f:id:tripmyself:20190107234810j:plain

百鶏寺は、観光スポットというより、地元のチベット族が信仰のためにお参りする寺院でした。ローカルの雰囲気が味わえるし、景色も素晴らしいので、ぜひおすすめしたいスポットです。

独克宗古城に宿(客桟)があるので、是非泊まってみよう

独克宗古城は、宿がたくさんあるので、是非泊まってゆっくり観光することをおすすめしたいです。特に、古城内に点在する"~客桟"(ゲストハウスの意味)と呼ばれる宿が、安くておすすめです。高級ホテルのような設備やサービスは期待できませんが、泊まるには十分です。

私が泊まった宿

私が泊まったのは、以下の写真の花園客桟という宿です。

香格里拉(シャングリラ)に着いた古城へ向かい、ふらふら歩いて探しました。看板が目に付いたので、入って、宿の奥さんに部屋を見せてもらって問題なさそうだったので泊まることにしました。

百度地図にはこの宿が掲載されており、場所は以下になります。

f:id:tripmyself:20190113131953p:plain

最初168元と言ってきたので、いやいや、2泊にするから1泊80元にしてくれと筆談で交渉するとあっさりOKしてくれました。私が行ったのが冬の閑散期だったせいかもしれません。2泊しましたが、ほかにお客さんはいませんでした。

f:id:tripmyself:20190107233824j:plain

下の写真のように、なかなか良い雰囲気の宿です。

f:id:tripmyself:20190107233840j:plain

部屋は以下のような感じです。エアコンついていないので、夜はかなり寒く、ずっと布団に入っておく必要がありました・・。

f:id:tripmyself:20190107233905j:plain

下の写真のように、電気毛布がついているので、布団の中は多少暖かいです。安宿なので、電気毛布もなんか弱々しかったですが・・。

f:id:tripmyself:20190107234317j:plain

トイレ、シャワーは下の写真のようになっています。水圧弱いですが、一応温水が出ました。

f:id:tripmyself:20190107233948j:plain

普通の食堂もある

香格里拉(シャングリラ)の独克宗古城内は、観光地なので値段が高そうなレストランばかり目立ちますが、古城の外には普通の食堂があるので、そこで食事をとれば安く済ませられると思います。

私が食事した場所は以下の地図に示す場所です。

ここらへんにいくつか食堂が並んでいたので、便利でした。ただ、チャーハンや麺類15元しますが、それ自体も観光地価格のような気がします。本当に地元民が行く食堂だと、おそらく10元以下でしょう。まあしょうがいないです・・。

f:id:tripmyself:20190107234231j:plain

f:id:tripmyself:20190107234241j:plain

以下の写真の卵チャーハンは、15元でした。十分な量で、すごくうまかったです。中国では、何気ない食堂のチャーハンでもレベル高いと思います。
f:id:tripmyself:20190107234223j:plain

まとめ

中国雲南省の香格里拉(シャングリラ)にある独克宗古城に2018年末に行って2泊したので、是非ともおすすめしたい風景スポット、食事やホテルの様子を紹介しました。

シャングリラは理想郷という意味がありますが、ここはそう表現してもいいと思えるくらい(私だけかもしれませんが・・)、美しい風景がたくさん見られます。

日本からだと、雲南省は遠いですが、ぜひとも訪れてみることをおすすめします!

 

私が行った、麗江・徳欽・香格里拉11泊12日旅行の概要についてまとめた記事のリンクを以下に貼っておきます。

www.tripbymyself.com