Trip by myself

ツアーを使わず、すべて自分でアレンジ!普通のサラリーマンが行った、"格安旅行"(主にアジア圏)で見た景色や、旅行ノウハウを紹介!最近ハマりだしたキャンプの情報も紹介!

【ブログ】みどりの村キャンプ場を紹介、GWにフリーサイトに泊まった感想

f:id:tripmyself:20190506222941j:plain

みどりの村キャンプ場はどんなキャンプ場?

みどりの村キャンプ場は、群馬県北部の高山村の標高650mにあるキャンプ場です。標高1,208mの小野子山の麓にキャンプ場があり、向かいには子持山がそびえ立っており、自然に恵まれた環境に位置しています。
そして、なんといってもこのキャンプ場のウリは、美しい星が見えることです。すぐ近く(車で10分くらい)に県立ぐんま天文台があることがそれを証明しています。このへんは、市街地から離れているので街灯や明かりの影響を受けにくく、周囲に数千メートル級の高い山もないので、遮るものがなく星が綺麗に見えるのでしょう。

f:id:tripmyself:20190506220543j:plain

みどりの村キャンプ場の場所、アクセス方法

みどりの村キャンプ場は、群馬県前橋市から北方面の高山村にあります。地図上では以下の印をつけた場所に位置しています。

関越道の渋川伊香保IC、沼田IC、月夜野IC、いずれのICからも車で約30分で行けるので、東京方面からも新潟方面からもアクセスしやすいと思います。
我が家は下道で行って渋川伊香保IC付近を経由したのですが、買い出しのためのスーパーが結構あって、便利だと感じました。

混雑したGW、傾斜のあるフリーサイトで3泊

我が家は、2019年5月2日から~5月5までの3泊で、みどりの村キャンプ場のフリーサイトに、妻、3歳の娘とともに泊まりました。

GWの時期は夜が冷え込むので、あまり標高が高くなく、かといって、人工物があまりなく自然が豊かな場所を選びたくて探したところ、みどりの村キャンプ場がみつかりました。

結果、大正解だったと思います。名前のとおり、緑色の芝生や草原が多くて非常に気持ちの良いキャンプ場でした。ソメイヨシノではないと思いますが、サイト内は桜が咲き乱れ、美しい景観の中でキャンプすることができました。やはり寒かったですが・・。

料金は、入場料大人2名で600円(300円 x 2、3歳は無料)、フリーサイト利用料6,000円(2,000円 x 3)で合計6,600円でした(安い!)。

あと、今回初めて、先日購入した小川テントのツンピルツフォークを使用しました。広々して遊牧民みたいな使い方をでき、快適でした。

f:id:tripmyself:20190506222720j:plain

我が家が泊まった傾斜のあるサイト

GW10連休の真っ只中で、しかも快晴の天気だったので、当然混雑しており、場所選びは大変でした。ほとんど良さそうな場所は取られており、眺めが悪かったり、傾斜があったりするサイトばかりでした。

結局、我が家が泊まったのは以下の写真の場所で、すごい傾斜がありました・・。机の上に置いた食器は傾くし、寝るときも体が斜めになるので、結構不便でした。。あと、トイレ・炊事場からかなり離れており(100mくらい?)、自分自身が行くのも、3歳の娘を連れていくのも大変でした。

f:id:tripmyself:20190506220349j:plain

ただ、端っこで、隣接サイトとはかなり距離があって、抜群のプライベート感があり、静かに過ごすことができました。

下の写真の傾斜を登って行くと、テントサイトを見下ろせるし、小野子山の絶景を眺めることができました。

f:id:tripmyself:20190506221450j:plain

f:id:tripmyself:20190506221527j:plain

テントサイトは、下の写真のように、緑の芝生に桜が咲き乱れ、気持ちの良い風景でした。奥の方には、谷川連峰の雪山が見えました。

f:id:tripmyself:20190506220652j:plain

また、小野子山の斜面に広がる牧場風景も見え、のどかな雰囲気を味わえました。

f:id:tripmyself:20190506221721j:plain

みどりの村キャンプ場フリーサイトの特徴まとめ

みどりの村キャンプ場にある他のフリーサイトも見てまわったので、その特徴を以下にまとめてみました。良い点、悪い点に分けて書こうと思います。

f:id:tripmyself:20190506221119j:plain

良い点

料金が安い

フリーサイトは、1泊2,000円と料金が安いと思います。

一般的なキャンプ場のオートサイトが1泊5,000円くらいなのに対し、今回3泊で入場料含めて6,600円は済ませることができました。

フリーサイトといっても、車が乗り入れ可能なので、うまく場所が取れれば、オートサイトと同じ感覚で使えます。

花が咲き乱れ、芝生が気持ちいい

サイトは芝生で花が咲き乱れており、非常に気持ち良かったです。私が行ったGWの時期は、桜が咲き乱れていました。

オートサイトは雪山の眺めが良さそうでしたが、広大な芝生の気持ちよさは味わえないので、景観はフリーサイトの方が勝っていると思います。

f:id:tripmyself:20190506220924j:plain

美しい谷川連峰が見える

フリーサイトからは、美しい谷川連峰の雪山が見えました。これを見ながらのキャンプは非常に気持ちよかったです。

f:id:tripmyself:20190506221221j:plain

谷川連峰は、オートサイトからでも綺麗に見えました。下の写真は、オートサイトから撮ったものです。

f:id:tripmyself:20190506221254j:plain
悪い点

多くの場所で傾斜がある

フリーサイトは多くの場所で傾斜があるように見えました。

混んでいたら、まっ平らなサイトを探すのはなかなか難しいかもしれません。ただ傾斜があっても、泊まれなくはなく、なんとかなると思います。

f:id:tripmyself:20190506222154j:plain

バイクで来ているソロキャンパーの方も結構いて、うまく平らな場所をみつけてテントを張っていました。

サイトによってはトイレ・炊事場から遠い

フリーサイトは、場所によりますが、トイレ・炊事場から結構離れた場所にありました。うまく選べば近いところもありますが、基本的に遠いと思います。

我が家の場合、3歳の娘をトイレを連れて行くために何度も往復してなかなか大変でした。。

その他施設紹介

みどりの村キャンプ場のフリーサイト以外の施設について紹介したいと思います。

オートサイト

このキャンプ場のオートサイトの設備は素晴らしいです。なんと、サイトごとに炊事場、電源、掃除道具(下の写真)がついています。水道だけ、電源だけなどのサイトはありますが、全て揃った豪華なサイトは初めて見ました。

これで1泊5,000円なので、値段的には他のキャンプ場のオートサイトと変わらないのが良心的です。

f:id:tripmyself:20190506222248j:plain

あとオートサイトは、フリーサイトに比べてトイレの数が多いです。下の写真のようなトイレ・シャワーの建物がオートエリアに計2つありました。

フリーサイトは広範囲に渡っているのに、トイレが2つしかなく、遠いので苦労しました。。

f:id:tripmyself:20190506222332j:plain

シャワー室・コインランドリー

上にも書きましたが、オートサイトにトイレは2棟あります。それらは、なんとシャワー室・コインランドリーが一体となっているのです。

f:id:tripmyself:20190506223412j:plain

シャワー室は下の写真のようになっており、3分200円です。

f:id:tripmyself:20190506222531j:plain

下の写真のように、洗濯機と乾燥機もありました。それぞれ10分100円で利用できます。

f:id:tripmyself:20190506222549j:plain

シャワーに洗濯機・乾燥機まであり、ここまで設備の整ったキャンプ場は珍しいのではないかと思います。

バンガロー・ログキャビン

このキャンプ場には、ログキャビン(1泊1棟10,000円)やバンガロー(1泊1棟7,000円)もあります。

下の写真はログキャビンで、トレーラーハウスのような形をしています。電源、寝具付きです。

f:id:tripmyself:20190506222317j:plain

下の写真はバンガローで、寝具付きです。

f:id:tripmyself:20190506222412j:plain

管理棟

下の写真は、キャンプ場の受付を行う管理棟です。ここには売店もあり、アイスや氷、薪や炭、ちょっとしたお菓子が売られています。

f:id:tripmyself:20190506222518j:plain

トイレ・炊事場

フリーサイトとオートサイトの境あたりにあるトイレです。近くには炊事場もあります。トイレは清潔に保たれており、気持ちよく利用することができました。

f:id:tripmyself:20190506222605j:plain

ゴミ捨て場

このキャンプ場では、ゴミ捨て場が完備されています。管理棟でゴミ袋をもらえます。

客が捨てたゴミを、職員が丁寧に整理している姿に安心感が感じられました。

f:id:tripmyself:20190506222437j:plain

アスレチック広場

管理棟の前には、立派なアスレチック広場があります。キャンプ場のおまけ的な感じかと思いきや、そんなことはなく、数多くの遊具があり、子供はかなり遊べると思います。3歳の娘も楽しそうに遊んでいました。

f:id:tripmyself:20190506223106j:plain

f:id:tripmyself:20190506223116j:plain

たかやま高原牧場

キャンプ場の奥には、たかやま高原牧場という牧場がありました。ここでは、小野子山のふもとに広がる牧場の雄大な景色を楽しむことができます。キャンプ場からの散歩コースとして最適だと思います。

f:id:tripmyself:20190506220740j:plain

ただ、牧場なのでもっとたくさん動物がいるかと思ったのですが、我々が行ったときは牛しかいませんでした。まあ牛だけでも娘は喜んでいたので、良かったです。

f:id:tripmyself:20190506223043j:plain

周辺観光で訪れたところ

我が家は3泊のキャンプの中で、キャンプ場周辺にある観光スポットとして、県立ぐんま天文台と高山温泉の2ヶ所訪れました。それらの様子を紹介したいと思います。

県立ぐんま天文台

県立ぐんま天文台の方は、娘がかなり気に入ったようで、2夜連続行きました。

キャンプ場から車で10分くらいの近いところにありますが、駐車場から天文台まで約15分歩く必要がありました。下の写真のように、雰囲気のある階段をひたすら上っていくのです。娘はこの道を歩くのがかなり楽しかったようです。

f:id:tripmyself:20190506223143j:plain

天文台では、2種類の大型望遠鏡で星を見ることができます。私は星にそんなに興味ないので、こんなものかという感じでしたが、好きな人は興味深く観察できるでしょう。そばにいるスタッフが、どんな星が見えているのか、ちゃんと説明してくれます。

f:id:tripmyself:20190506223153j:plain

夜の9時ぐらいから閉館となる10時までいたのですが、さすがGWだけあって、多くのお客さんがいました。

しっかりした施設で、スタッフも親切に説明してくれるので、星が好きな人は是非訪れるとよいでしょう。

高山温泉(道の駅 中山盆地)

キャンプ場から車で15分くらいのところにある、高山温泉にも行きました。温泉は塩素臭がするのが微妙でしたが、露天風呂もあってリラックスすることができました。

この温泉は、キャンプ場の受付時に100円の割引券もらえるので、割引後、3時間以内の利用で大人400円、子供200円となります。

f:id:tripmyself:20190506223203j:plain

この温泉は、"中山盆地"という道の駅の中に併設されているので、特産物の買い物も楽しめます。さらに、高山ふれあいパークという、子供向け遊具が設置してあって、子供も楽しく遊べるので、家族連れにおすすめです。

f:id:tripmyself:20190506223237j:plain
道の駅から見える田園風景は、本当に綺麗で絵になります。

f:id:tripmyself:20190506223256j:plain

まとめ

みどりの村キャンプ場へGWに行ってフリーサイトに泊まったので、フリーサイトの特徴や、その他施設、周辺観光スポットの情報をまとめました。

このキャンプ場は、自然が多くて眺めが素晴らしく、綺麗な星が見えるのがおすすめポイントです。フリーサイトでは、傾斜があるものの、うまく場所を選べば素晴らしい景観の中、気持ち良くキャンプできます。

さらに、料金の割に充実した設備を持っているの良いと思います。特にオートサイトの区画ごとの水道+電源設備は素晴らしいです。他にも、シャワー、洗濯機・乾燥機の設備も貴重です。

みどりの村キャンプ場は、ソロから家族連れまでおすすめのキャンプ場です!